【遊戯王デュエルリンクス】パックからレアカードの出る確率を分析!無課金でレアを手に入れるには?

【遊戯王デュエルリンクス】パックからレアカードの出る確率を分析!無課金でレアを手に入れるには?
Pocket

遊戯王デュエルリンクスにおいて強くなりたいと思えば、何せ遊戯王デュエルリンクスはカードゲームですから、自身の使うデッキを強くする必要があります。

さて、で、実際にデッキを強くしようと考えたとき、プレイヤーは大抵『パック』を買う必要に迫られるわけですが、『パック』の封入されているボックスは基本的に1つ200パックから構成され、1パックが3枚入りですから、つまり600枚の中から強いカード、つまるところレアカードを引き当てねばなりません。

おや、そう考えてみると、自分の望むカードを引ける確率というのはどんなものなんでしょうか?

気になるその辺り、今回はパックの当たりが出る確率と、ついでにパックを少しでも多く購入する方法について紹介していきます。

レアカードがパックから排出される確率

出典:http://yugioh-duellinks-news.com/archives/3620.html

さて、先程書いた通り1ボックスはカード600枚から構成されます。

そのうち大抵URカードは10種10枚SRカードは12種24枚Rカードは32種192枚、Nカードは46種374枚ほどですから、それぞれのレアリティのカードがパックから排出される可能性は以下の通りとなります。

  • URカード 1.7%
  • SRカード      4%
  • Rカード      32%
  • Nカード  62.3%

ああ、こうやってみてみると現環境最強の罠である『銀幕の鏡壁』が入手できる確率はわずか2%あまり、万能効果モンスター『クリボール』も同じ計算になりますから、『銀幕』や『クリボール』を1枚しか持っていない、あるいは持っていない『クリボール難民』がデュエルリンクスの世界を埋め尽くすのも致し方ないことではあるのでしょうが、ただ、忘れてはいけないことは『このゲームの課金制度はボックス制度である』ことです。

 

つまり、『1ボックス200枚のパックは買えば買うほど残数が減って、200枚引ききれば必ず欲しいカードが手に入るようになっている』ことで、所謂『何回引いても当たりが出ない!』ガチャではなく、また引けば引くほど在庫が減って、その出た内容に応じて上の確率も前後するということ、いや、それはURカードやSRカードが出る確率が右肩上がりになることはまずないでしょうが、とはいえ他のゲームに比べれば、掛けた金銭・労力が必ず結果に結びつくわけですから良心的です。

 

などと考えるのは現代のスマホゲー文化に飼いならされてしまった現代人の憐れな習性、1万円なら良いか、とか言ってついつい課金してしまうのは、どうでしょう、コンシューマゲームでいうとあの当時のSFCカセットを定価で買うことに等しい出費、できることなら多くは避けたい事柄ですが、実際、『引けば引くだけ欲しい引ける確率が上がる』うえ『排出率が0%を切るような他ゲー無のガチャに比べれば確率が圧倒的に良心的』なのですから、これを利用して無駄な課金を回避する方法は、まあ、ないわけではありません。

 

1パックでも多くパックを引くために

 

『引けば引くだけ確率が上がって、しかもパックの上限値は決まっている』なら1パックでも多く引くことは欲しいカードを手に入れるために素晴らしく有効な、それでいて人の心理を良く現した、こう、なんというか、やや切ないところのある運動ですが、さて、この1パックでも多く、を無課金で実行していく方法は何でしょう?

まず挙げられるのは『公式が配布しているジェムを効率的に使う』ことでしょうか。

 

たとえば今は新規プレイヤーを対象に『事前予約者キャンペーン』を実施していて、事前予約者が対象のキャンペーンかと思いきやそんなことはなく、新しくゲームを始めたあらゆるプレイヤーが相当数のジェムを貰えますし、また海外でのリリースを記念した俗に言う『記念石』も配られており、何パック分にもなるこれは決してバカにできません。

 

続けて挙げられる『コロシアム』『ランク戦』では昇格するごとに50ジェムが手に入り、またランク戦初回にプレイに限り存在するルーキ~ブロンズランクを昇格中は更にジェムがもらえますし、何より良いのはランクは10日おき程度でリセットされることです。

 

短い目で見ればたった1~2パック分のジェムですが、長期的に見れば何十パックも、何百パックも買える分のジェムが入手できるわけで、これを逃す手はないのですが、唯一の問題は『ランク戦は強敵ぞろい』なこと、つまり、『ジェムを手に入れてデッキを強くしたいのに、昇格するためにはデッキが強くないといけない』という矛盾が起きてしまうことです。

 

もとより『長期的に見れば悪くないジェム獲得法』ですし、『今直ぐ強くなりたい』人に向くジェム獲得方ではありませんが、それでも1パックでも多く引くためにしぶとくプレイしておきたいところ。

最後に『キャラの育成』で、これは文字通りキャラのレベルを上げることで入手できるジェムを利用することによってパックを引くわけですが、キャラの育成から手に入るジェムなんてたかが知れている、という予想に反してその総数は数百個800程度ありますから、なかなかどうしてキャンペーン配布のジェムよりも数が多く、日頃から意識的にレベル上げを、できれば育てるキャラを1キャラに絞って効率的にしておきたいところです。

 

ただし、ここまで紹介してきた方法も、『手に入れたジェムを漠然と使う』つまり『どのパックからどのカードが欲しいのか』を意識して使用せねば単なる無駄になりますから、事前に欲しいカード・パックを良くリサーチしてから使うようにしましょう。

またこれらの方法を用いたところで『無課金で高レアリティカードをすべて揃えきることは不可能』で、あくまでも『1パックでも多く引いて本命を当たりやすくする作業を無課金で行なう』だけのこと、欲しいカードを揃えたいなら究極的には課金が必要で、その前にやっておく準備運動でしかないことを忘れないようにしてください。

 

まとめ

ここまで遊戯王デュエルリンクスにおけるパックの排出確率などなど見てきましたが、いやはや、1%の確率を求めてパックを引き続けるというのは、なんだか昔よく見た『99%失敗する!』状況を覆して成功してしまうアニメを再現しているような気持ちになりますが、我々は『スゲ!』なカードを好きなときに引ける名も無きファラオではないのですから、なかなかどうしてあの手のアニメの主人公のようにはなれないもので、結局、1%を引き当てる快感と福沢諭吉とを交換してしまうことがあるわけです。

 

何となくギャンブルにも似たこのスマホゲーのガチャ文化、射幸心を煽るとかなんとか言って規制・修正が入ってもなおその当たり確率はシビアなもの、欲しい気持ちはわかるのですが、『こんなものか』と割り切って、課金するなら程々に、するとしても『ペガサスのようなケチな野郎にはなりたくない』と思わず、課金額を減らせる何らかの準備を欠かさないことが大切です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。