【遊戯王デュエルリンクス】ケルベロスでの周回時に対策を必要とする5人の相手!

【遊戯王デュエルリンクス】ケルベロスでの周回時に対策を必要とする5人の相手!
Pocket

遊戯王デュエルリンクスにおいて周回を効率良く果たすために開発されたデッキ『ケルベロスビート』は、良くその目的を果たしていますが、一方で継戦能力であるとか対除去能力が極めて低く、対戦相手によってはキーカード『魔導獣ケルベロス』を破壊されてしまう恐れがあります。

 

『ケルベロスビート』を組んで、さあこれから周回だと挑んだ相手にあっけなく返り討ちにあうのではモチベーションが下がってしまいます。

かといっていちいち狙いの『レジェンドデュエリスト』たちと戦ってはデッキを調整して、を繰り返すのでは時間の無駄です。

 

そこでここでは、遊戯王デュエルリンクスに現在実装されている『レジェンドデュエリストレベル40』のうち、『ケルベロスビート』が安定して通用しない周回相手を一覧化し、またその対策について紹介していきます。

【最大の壁】海馬瀬人

遊戯王デュエルリンクス ケルベロス 相手

出典:https://yugioh.gamerch.com/海馬瀬人

海馬コーポレーションの若き社長『海馬瀬人』『青眼の白龍』の使い手として原作・アニメで活躍した人気キャラで、数々の魅力的な『パワーカード』を用います。

たとえば『エネミーコントローラー』『相手モンスターの表示形式を変更する』『自分フィールド上のモンスター1体をリリースすることで相手モンスター1体のコントロールをエンドフェイズまで得る』強力な効果を持ち、しかも速攻魔法ですから相手ターン中にも発動できることが魅力です。

 

このカードは海馬のレベル40を周回することで手に入れられるため、これまで多くのプレイヤーが海馬に挑み、そして彼の『パワーカード』と数々の魔法・罠によってあえなく返り討ちにされました。

『パワーカード』と言われるとどうも漠然としていて要領を得ませんが、たとえば海馬が先行1ターン目に平然と召喚してくる『ブラッド・ヴォルス』の攻撃力は1900に設定されており、その数値を超える下級モンスターは現在、プレイヤー側には実装されていません。

『ガーディアン・グラール』のような特殊召喚できる上級モンスターを用いてようやく『ブラッド・ヴォルス』を倒せるわけですが、そういったモンスターの召喚に成功した途端、『エネミーコントローラー』が飛んできて守備表示にされてしまう、なんてことは日常茶飯事です。

 

それは海馬のカードですから使ってきても何ら不思議ではありませんが、それにしても『エネミーコントローラー』をデッキ内に2積みしているのはやり過ぎでしょう。

『異次元の戦士』も『パワーカード』と言って良いでしょう。

その攻撃力は1200であり、原作で『殺戮獣魔人』と称されていた『ブラッド・ヴォルス』に比べれば700ポイントも低く、実際攻撃力に関してはそれほど高い数値ではありません。

ところがこのモンスターはその効果が凶悪で、『異次元の戦士』と戦闘をしたモンスターはその戦闘の結果如何を問わず除外されてしまいます。

 

従って、このモンスターが場に居る限り、迂闊な攻撃は出来ませんし、かといって攻め手を緩めようものなら『ブラッド・ヴォルス』が襲いかかって来るでしょう。

更には『異次元の戦士』や『ブラッド・ヴォルス』を生贄に攻撃力2400を誇る上級モンスター『エメラルド・ドラゴン』が召喚されてくることも考えられますから、時には苦渋の決断で『異次元の戦士』に何らかのモンスターを特攻させねばなりません。

なりませんが、たとえばモンスターが1~2枚しか搭載されていないであろう『ケルベロスビート』ではどうやって突破すれば良いのでしょうか?

 

『異次元の戦士』を攻撃して、それだけでデュエルが終わる程に『ケルベロス』を育てられているならばそれで攻撃しても良いでしょうが、そうなる前に『異次元の戦士』側から『ケルベロス』を攻撃してくることは目に見えていますし、或いはこちらの攻撃宣言に『エネミーコントローラー』が飛んでくればそれまでです。

『ブラッド・ヴォルス』程度なら『ケルベロスビート』の妨げにはなりませんし、『エメラルド・ドラゴン』もカウンターが3つ以上乗った『ケルベロス』の敵ではありませんが、とにかく問題は『エネミーコントローラー』と『異次元の戦士』です。

 

海馬への対策は?

今のところ『ありません』。

そもそも海馬に対する安定した『周回方法』は未だどのデッキにおいても確立されていません。

海馬に対して『ケルベロスビート』を使うことは完全な運任せの賭けになります。

 

 

【運次第】バンデット・キース

遊戯王デュエルリンクス ケルベロス 相手

出典:https://yugioh.gamerch.com/バンデット・キース

『元全米一位デュエリスト』である彼『バンデット・キース』『リボルバー・ドラゴン』だの『ブローバック・ドラゴン』だの『ツインバレル・ドラゴン』だのという物騒なカードを好んで使用してきます。

 

銃関連の描写がアニメ・漫画などで厳しく規制されているアメリカでは相当肩身が狭かったに違いない彼ですが、その実力は本物で、決して侮れる相手ではありません。

 

キースのエースモンスター『リボルバー・ドラゴン』は、『1ターンに1度コイントスを3回して2回以上表が出れば相手のモンスター1体を破壊する』効果を持ち、また彼のデッキに投入されている『ブローバック・ドラゴン』や『ツインバレル・ドラゴン』も似た効果を持ちます。

 

それらのモンスターに『ケルベロス』が破壊されると『ケルベロスビート』は身動きが取れなくなってしまいます。

 

キースへの対策は?

『ツインバレル・ドラゴン』以外は上級モンスターであることに注目し、キースにアドバンス召喚をさせないことでしょうか。

 

『バランス』を採用した型のケルベロスビートならば最初から『ケルベロス』を3枚採用しているはずですから、キースに挑むときは『サーチ型』ではなくあちらのデッキタイプを用いて『敵モンスターを潰していく』戦術を取ることで、周回がしやすくなるのではないでしょうか?

 

ただ問題は『ツインバレル・ドラゴン』です。

下級モンスターであるこのカードを未然に防ぐ手立てはなく、さてどうしたものやら。

『外れること』を祈るしかなく、『しやすくなる』程度の対策しかないのは残念です。

 

【直接攻撃はやめてくれ】梶木漁太

遊戯王デュエルリンクス ケルベロス 相手

出典:https://yugioh.gamerch.com/梶木漁太

『御曹司』と『元全米チャンプ』の二人に比べればかなり地味な漁師の息子『梶木漁太』ですが、諸事情で舟を持たない彼は、デュエル大会で賞金を稼ぎ、漁船を購入することを夢見ています。

 

男一本気に見える外見からは想像もつかない頭脳派で、周到に練り上げた作戦で以て敵と戦います。

 

たとえば、原作では二度に渡りカードを海の中に隠すという反則すれすれか、或いは反則そのものなシー・ステルス戦法で遊戯や城ノ内を苦しめましたが、遊戯王ュエルリンクスにおいては直接攻撃を仕掛けてきます。

 

名を『水陸両用バグロス Mk-3』というこのモンスターは、『海』さえ場にあれば1700の火力でプレイヤーを殴りつけてきます。

 

どこにMk-1とMk-2を置き忘れて来たかはしりませんが、『水陸両用バグロス Mk-3』を『海』と共に出されてしまうとプレイヤーは『ケルベロス』を育てる間もなく負けに追い込まれてしまいますし、かといって『水陸両用バグロス Mk-3』を中途半端な攻撃力で仕留めるわけにもいきません。

 

梶木への対策は?

 

バンデット・キースと同様に『バランス型』を用いて、別のケルベロスで憎き『水陸両用バグロス Mk-3』を叩き潰してしまうことでしょう。

『ツインバレル・ドラゴン』のように『ケルベロス』そのものを破壊してはきませんから、まだ安心です。

 

【暗殺者に注意】イシズ・イシュタール

遊戯王デュエルリンクス ケルベロス 相手

https://yugioh.gamerch.com/イシズ・イシュタール

彼女『イシズ』は、原作においてあの海馬と渡り合った凄腕決闘者で、マリクをして『姉上サマのコンボはそうそう破れない』と評されたコンボ『現世と冥界の逆転』を用いるのが特徴でした。

 

デュエルリンクスにおいての使用デッキはなぜか『墓守』に変更されていますが、その強さは原作とそう変わるものではありません。

『ケルベロスビート』で挑むなら注意せねばならないのは『墓守の暗殺者』です。

 

フィールドが『王家の眠る谷-ネクロバレー』であれば攻撃力2000となるこのモンスターは、しかもその場合攻撃時に相手の表示形式を変更できるため、『ケルベロス』が表示形式を変更されてあえなく破壊される恐れがあります。

 

イシズへの対策は?

 

政府の代表として日本に来ているぐらいですし、部署の長であるわけですし、『姉上サマ』という語感や、その落ち着いた雰囲気と声色から年嵩であると誤解されがちですが、未だ20歳でしかないイシズは、その若さの発露か除去を戦闘に頼りがちです。

 

そこで、何度も繰り返しになりますが『バランス型』のケルベロスを用いることで、相手のモンスターを逐一倒していくことが対策となります。

ただしその際には『ケルベロス』を安易に育てすぎて、手札・デッキの魔法カードが尽きてしまうであるとか、高スコアを獲得できなくなることに注意せねばなりません。

場を囮の『ケルベロス』でつなぎ、『墓守の暗殺者』などを倒して、場をしっかり制圧してから『本命』を育てると良いでしょう。

 

【凡骨デュエリストの恐怖】城ノ内克也

遊戯王デュエルリンクス ケルベロス 相手

https://yugioh.gamerch.com/城之内克也

『凡骨デュエリスト』と海馬に切って捨てられ、しかしそれにしては『王国編』や『決闘都市編』などで好成績を収めた偉大なる素人デュエリスト『城ノ内克也』は、ただの高校生という点でこれまでのキャラクターたちよりも遥かに地味です。

 

もともと不良で、しかも主人公を虐めていたり、中学生時代にはキレると手がつけられない狂犬と呼ばれていて、喧嘩で何人も病院送りにしたであるとか、そういった設定も『墓守の一族』と比べれば随分可愛いものに見えます。

 

しかし、その強さには可愛げがありません。

 

流石は『決闘都市編』を勝ち抜いたデュエリストだけあって、彼のデッキに投入されているカードの中にはえげつない効果を持つものがあり、たとえば『時の魔術師』『コイントスをして、オモテウラを当てることが出来れば相手の場のモンスターを全て破壊して、破壊したモンスターたちの攻撃力合計の半分のダメージを相手に与える』そんなとんでもない効果を持っています。

 

外れれば自分の場のモンスターがその効果の対象となるとはいえ、当たってさえしまえば『ケルベロスビート』は壊滅してしまいます。

 

『時の魔術師』にかぎらず、『左手に盾を右手に剣を』の罠カードを発動されると『攻撃力と守備力が入れ替わってしまう』ため、せっかく育てた『ケルベロス』の攻撃が通らないとか、そもそも『ケルベロス』を破壊されることもあり得ます。

 

城ノ内への対策は?

『右手に盾を左手に剣を』は『トラップジャマー』で対策出来ますが、その分魔法カードがデッキから少なくなることに注意せねばなりません。

問題は『時の魔術師』で、これには確たる対処法がありません。

召喚されれば『外れ』を祈るしかありません。

幸いにも『時の魔術師』のステータスは低いため、『当たり』で即死しなければ返しのターンで『時の魔術師』を倒すことが出来ます。

とはいえそのとき『ケルベロス』が充分に育っていない場合があるため、やはり挑むならデッキは戦闘用及び予備のケルベロスを確保できる『バランス型』にすべきでしょう。

 

まとめ

さて、ここまで遊戯王デュエルリンクスを彩る強烈な個性・特徴を持つ各種キャラクターを見てきましたが、誰もかれも相手とすると中々どうして『ケルベロスビート』を簡単に決めさせてくれない強敵揃いです。

 

『とにかくバランス型を使え!』最大の対策はそれになりますが、なんといっても『バランス型』だってその周回成功率は100%ではなく、従来のサーチ型より『少し良い程度』ですから、対策をしても確実にその対策が活用できるわけでもなく、時として敗北することもあるでしょうが、しかし周回を重ねれば得られるものは大きいため、個性的な彼らとのデュエルを楽しみながら、なんとかめげずに周回を続けてみて下さい。

 

地道にコツコツとジェムを集めて、遊戯王デュエルリンクスを攻略していきましょう!

 

ただ、いくらジェムを集めても

URカードなどがいなければ

攻略にまったく意味がありません。

 

とはいえ、

一度引けば分かると思いますが

パックガチャから超激レアカードは

なかなかゲットできませんよね(・・;

 

実は、それもそのはずで

パックガチャからURカードが出る確率は

かなり低いんです。

 

無課金攻略なら

パックガチャ1回分のジェムを

貯めるだけでも時間がかかりますよね。

 

もちろん、

連発ガチャをすれば

確率は上がりますが

そんなにジェムを持ってないですよね。

 

そこで、ここまで読んでくれた

あなたには今回だけ特別に

課金せずにジェムを大量に

ゲットする裏ワザを教えますね!

この裏ワザはいつ終了するか

分からないので今のうちに

やっておくことをおすすめします。

 

あなたも有利に遊戯王デュエルリンクスを攻略していってください!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。