【遊戯王デュエルリンクス】デッキの組み方はコレ!~基礎から最強デッキへの道~

【遊戯王デュエルリンクス】デッキの組み方はコレ!~基礎から最強デッキへの道~
Pocket

あなたは遊戯王デュエルリンクスで相応しいデッキの組み方をしていますか?

デッキの組み方は重要です。

デュエルにおいては、勝敗を分ける最も大切な要素と言えるでしょう。

今回は、遊戯王デュエルリンクスで勝率を上げるためのデッキの組み方を紹介します。

【遊戯王デュエルリンクス】デッキの種類と組み方

遊戯王デュエルリンクス デッキ 組み方

出典元:http://appmedia.jp/duel_links/497314

デッキとは?

『デッキ』とは、プレーヤーがデュエルで使用するカードの束の事です。

遊戯王オフィシャルカードゲームの公式大会ルールでは、40枚以上60枚以内で構築されたデッキが必要です。

一方、遊戯王デュエルリンクスでは、異なるルールのもとで構成していく必要があります。

  1. デッキの枚数は20枚以上30枚以下
  2. 同じ名前のカードは3枚まで

 

デッキの種類

メインデッキ

出典元:https://www.dopr.net/yu-gi-oh-duel-links/card-deck-creating

メインデッキは20〜30枚で構築でき、デッキアイコンから作成が可能です。

ただし、30枚限界までカードを入れてしまうと、欲しいカードが手札に揃うことが少なくなってしまいます。

そうすると、事故が起こることが多くなります。

ですから、持っているカードで勝算を立てて、20枚の構成を考えましょう。

左上メインアイコンでデッキのカード枚数が確認できます。

また、カードは種類別にソートすることも可能です。

 

30枚デッキにもメリットがある?

反対に20枚以上のデッキを作るメリットはあるのでしょうか?

デッキ切れを防ぐ

単純に、20枚より10枚多いのでデッキ切れを起こしにくいという利点があります。

反対に欲しいカードがなかなか手元に来ないデメリットもあります。

 

最大火力を高める・大型のコンボを組める

カード数が多いので、デュエルが長くなる事で火力が上がる効果のある戦法などを使用できます。

 

特定のカード使用時にデッキ事故が起こりやすくなるのを防ぐ

融合・マジカルシルクハッドなどをメインに用いる特殊なデッキの場合です。

手札・墓地に特定のカードを持っていけるため、20枚デッキと比べて事故が起こりにくくなります

自分のデッキの特性を活かすために枚数を多くする場合はメリットが多くなります。

自分のデュエルの負け方などから、どちらのデッキ作成が合っているかを決めてみてもいいかもしれませね。

>>【無料】最強デッキをそろえる最も簡単な方法

エクストラデッキ

出典元:https://www.dopr.net/yu-gi-oh-duel-links/card-deck-creating

エクストラデッキとは、特殊召喚に必要なモンスターを集めたデッキのことです。

遊戯王オフィシャルカードゲームではエクストラデッキにモンスターを15枚まで入れることができます。

しかしデュエルリンクスでは、メインデッキとは別に10枚まで、デュエルで使うことができます。

※エクストラデッキの枚数は、メインデッキの枚数には含まれません。

 

メインデッキの組み方

遊戯王デュエルリンクス デッキ 組み方

出典元:https://itunes.apple.com/jp/app/you-hu-wang-de-yuerurinkusu/id1068378177?mt=8

やはり1番大切なのが、メインデッキの組み方ですよね。

  • モンスターカード:最大約15枚
  • 魔法>罠カード:残りすべて(モンスター15枚なら、5枚程度)

くらいを目安に作ってみてください。

以下は、オフィシャルカードゲームとデュエルリンクスとの比較です。

  モンスター 魔法
 デュエルリンクスデッキの場合(20枚)  13枚  5枚  2枚
OCGデッキの場合(40枚)  17枚  15枚  8枚

 

メインデッキのコツ

モンスターカードは、ATKが高いものや属性が同じものみてください。

そして、相乗効果をもたらすものなど見てみると自ずといれるカードが決まってくるはずです。

例えば、『風エレメント』デッキやスキルを活用した『頂きに立つ者』デッキ、『闇の力』デッキなど。

魔法カードと罠カードは、自陣モンスターのATK/DEFを増幅させる効果のあるものがおすすめです。

また、相手のATK/DEF、LPを減少させるカードもおすすめです。

 

ステージ15以上になると相手が使ってくるモンスターのATKが高くなってきます。

そのため、少量のLP回復しかできないポーション系カードは組み込まなくても良いでしょう。

どうしてもLPが心配な場合は『ホーリージャベリン』などおすすめです。

さらに、敵も魔法・罠カードを使用してくるので、厄介なカードを破壊できるものを入れてもいいでしょう。

例えば、『マジック・ジャマー』『トラップ・ジャマー』などをデッキ入りさせても良いかもしれません。

 

コンセプトを決めよう

コンセプトを決めるのは、デッキを組む際の最も重要な部分と言えます。

ここでは、一例として、主なコンセプトを紹介します。

 

スタンダード型−難易度低めデッキ

もっとも使用率の高いデッキの型になります。

単体で強いカードをバランス良く入れたノーマルデッキです。

特に『これが必要!』というカードはありません。

手持ちの中で強いカードを選んで、デッキを組むことになります。

 

超速攻型−高火力デッキ

装備魔法カードでのモンスター強化上級モンスターを召喚する事を目的としたコンセプトです。

また、コンボによってはワンキルも可能で、ハマれば非常に強力なデッキです。

 

守備型−安定して攻めるデッキ

リバース効果などを駆使して、相手をじわじわと攻める事を目的としたコンセプトです。

持久力があるので、速攻型のデッキに強く、対人戦で安定した戦いをしたい方へおすすめです。

 

その他−シリーズで固めたテーマデッキ

『アマゾネス』や『ハーピィ』など、シリーズもので構築したデッキです。

シリーズによっては安定した強さを誇ります。

カード集めが大変なため、初心者にはあまりおすすめできません。

後々デッキを組む際の目標として、覚えておくと良いでしょう。

 

モンスターカード選びの注意点

初心者の場合、特に注意してほしいことがあります。

それは、アドバンス召喚が必要な星5以上のモンスターカードを大量に入れてしまう行為です。

例えば、最初の手札で

  • 『青眼の白龍』
  • 『ブラック・マジシャン』
  • 『真紅眼の黒竜』

残りは罠カード……。

このような引きだった場合、上記のモンスターカードは2体のモンスターカードが召喚に必要になります。

ドローしてモンスターを1体召喚しても破壊されてしまい、召喚できずにデュエルが終わってしまいます。

序盤ならばNPCもさほど強くはないので、そのような手札でも勝てる事もあります。

しかし、ステージが上がると敵モンスターも強くなるので、大抵負けます

星5以上のモンスターカードを入れる場合は、多くても3枚までにしましょう。

どのカードも魅力的ですが、

  • 海馬なら「青眼の白龍」
  • 闇遊戯なら「ブラック・マジシャン」
  • 城之内なら「真紅眼の黒竜」

など使うキャラクターやスキルによってメインに使う高レアリティカードを選択しましょう。

欲張りはいけません。

あとはデュエルを繰り返し、様々なデッキを参考に自分だけのデッキを作って見てください。

>>【無料】最強デッキをそろえる最も簡単な方法

まとめ

遊戯王デュエルリンクス デッキ 組み方

出典元:http://yugioh-resaler.com/2016/12/09/post-6873/

いかがでしたか?

遊戯王デュエルリンクスでのデッキの組み方のコツは分かっていただけたでしょうか?

最後にも言いましたが、やはり一番大切なのは実戦で試しながら構築していくことだと思います!

これを参考にして、最強のデュエリストになしましょう!

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。