【遊戯王デュエルリンクス】武藤遊戯の実装・解放は何時?武藤遊戯の性能まであわせて予想!

【遊戯王デュエルリンクス】武藤遊戯の実装・解放は何時?武藤遊戯の性能まであわせて予想!
Pocket

先日のイベント『武藤遊戯出現!』で登場した『武藤遊戯』は、しかし残念ながらあくまでも登場しただけで、未だプレイアブルキャラとして解放されていません。

この先、『武藤遊戯』が遊戯王デュエルリンクスに実装・解放されれば、何せ彼は原作・アニメの主人公ですから、その人気は物凄いことになるでしょう。

 

ただそういう人気キャラだけに、『その実装時期・性能が気になる』というのがプレイヤーたちの、特に原作ファンたちの総意ではないでしょうか?

そこで、ここでは『武藤遊戯』の実装・解放時期と、その性能を考察し、また『表遊戯』が遊戯王デュエルリンクスの環境に与える影響まで考えてみます。

武藤遊戯について

遊戯王デュエルリンクス 武藤遊戯 解放

出典:http://yugioh-du ellinks-news.com/archives/4841.html

実装時期は何時?

 

春先にある『大型イベント』の頃だと予想するプレイヤーも少なくありません。

『大型イベント』と来ればキャラの1人や2人実装するでしょうし、既に顔を見せをした『武藤遊戯』こと『表遊戯』をそこで実装する可能性は、成る程、たしかに高いでしょう。

ただ、その『大型イベント』で実装されるとかねてから噂されているキャラ、たとえば『闇バクラ』『闇マリク』に比べ、『表遊戯』は『春に出すには早すぎる』感があります。

何せ原作の主人公、加えて原作最後のデュエルを飾った人物ですし、そういえば先の『ジャンプフェスタ』にて体験デュエルが出来たのも『闇マリク』、『闇バクラ』であって『表遊戯』ではありませんでした。

どうでしょう、それらに鑑みると、『表遊戯』実装は春以降なのではないでしょうか?

 

スキル構成はどうなる?

 

キャラの固有スキルはたいていが『原作での行い、あるいは使用デッキを基とする』ものです。

『表遊戯』が原作で行ったことといえば、はて、なんでしょう?

そういえば『表遊戯』は自発的に何かを行ったことに乏しく(※1)、誰かのやらかした途方もないことに巻き込まれる、あるいはその途方もないことの対象にされる、なんてことが多かった印象です。

 

そうそう、やれ『祖父から貰った大事なカードを奪われて海に投げ捨てられる』とか『命をかけた闇のゲームで昏睡状態になる』とか、『火事にあって全身やけどした挙句に有毒ガスを吸って意識不明になる』とか、『重りをつけられて海に沈められる』なんてのもありましたし、ああ、アニメ版では『魂をカードに封印される』のも経験していましたが、総じてろくな目にあっていません。

 

そもそもからして原作初期では虐められていた不憫(※2)な『表遊戯』です。

そんな彼が原作最強デュエリストにして、もうひとりの自分『アテム』を超えられたのは『成長したから』らしいですが、いやはや、こうして彼の受けた受難を並べてみると、その『成長』とやらは単に『色々吹っ切れて適応した』だけにも思えてきます。

 

さて、何にしても、まさか『相手に自分のデッキを見せ、相手は自分デッキからカードを5枚選んで捨てる。捨てた後、城ノ内くんが命がけで2枚だけ取り戻して来てくれる』なんてスキルが出るわけありませんし、どうも『表遊戯』の『行い』がスキル化されることはなさそうです。

ということは、『使用デッキ』、ひいては『デュエル内容』を基にスキルが決定されるのではないでしょうか?

 

※ 自発的に始めたら始めたで、たいていは途中で失敗、あるいは挫折して『もうひとりのボク! あとはまかせ……』になる。

※2 どうでもいい情報ですが、『表遊戯』を虐めていたのは後に『親友だぜ!』になるあの『城之内くん』と『おみそ』の『本田』。紆余曲折、大きな事件を経て3人(あるいは2人)は固い友情で結ばれることになるのですが、それにしたってもともと自分を虐めていた相手を『親友』と呼べる『表遊戯』はやっぱり『吹っ切れて』るだけなんじゃないでしょうか。

 

【当たりそうもない】スキル予想:レベルアップモンスターに絡むスキル

遊戯王デュエルリンクス 武藤遊戯 解放

出典:http://bonkula.hateblo.jp/entry/2016/06/06/201435

原作の『表遊戯』は好んで『レベルモンスター』を使っていました。

前回のイベントで『表遊戯』が使ってきた『サイレント・マジシャン』がそれにあたりますが、これらのモンスターは全て特殊な方法で『レベルアップ』することで強くなっていきます。

 

そこで、どうでしょう、『表遊戯』のスキルのひとつに『レベルモンスターをレベルアップさせる』ものが入るというのは?

現実のOCGで言うところの『レベルアップ!』(※)の効果を内蔵している『スキル』というわけです。

『レベルアップ!』をあえてゲームに実装せず、『表遊戯』のみが使えるスキルとすることで『表遊戯』に個性をもたせることもできるでしょうから、ああ、この予想はもしかするともしかするかもしれません。

 

といっても何だか贔屓の過ぎるスキルですし、『レベルモンスター』がそれほど実装されるのかも疑問ですから、『もしかしてしまう』確率は、どこぞの『モーレツ悪魔』の実験成功率と等しい程度でしょうが。

※魔法カード。名前でわかっていただけると思うが、レベルアップモンスターを、その条件を無視してレベルアップさせる。

 

魔力カウンター絡みのスキルを持つ可能性も

前回のイベント時、『表遊戯』のエースモンスター『サイレント・マジシャン』が『魔力カウンター』を扱うモンスターであるためか、彼の使用デッキは『魔力カウンター』でした。

まあ、あのデッキ構築では『サイレント・マジシャン』よりも『ケルベロス』の方が主力でエースだった、なんて話はここでは密に密に、としておくとしましょう。

 

さて、上記のような『レベルアップモンスター全般を強化できる』スキルでは、後々『アームド・ドラゴン』のような『強力なレベルアップモンスター』を実装するとき、されるとすれば、『表遊戯』の存在がネックとなります。

ですから、『サイレント・マジシャン』ないし『サイレント・ソードマン』にそのスキル対象を絞るものとするか、はたまた『魔力カウンター絡み』のスキルが『表遊戯』に備えられるかもしれません。

 

『武藤遊戯』実装に伴って実装されるカードの予想

遊戯王デュエルリンクス 武藤遊戯 解放

出典:http://www.jesus4-25.com/yugi/0380.html

【実は】『武藤遊戯』のカードは既にその大半が実装済みで、残りは強すぎる

 

見出しの通り、『表遊戯』が原作で使用したカードの大半は、既に実装済み、あるいは既に登場済みです。

後に残るのは先日公開の劇場版で使った各種『マジシャン・ガール』『ガジェット』、それに『マシュマロン』ぐらいなものですが、それらのカードの効果は『現環境、あるいは夏頃の環境で考えてもやりすぎ』なぐらいに強いのです。

 

ですから、『武藤遊戯』が正式に実装されるとき『ついでに実装されるカード』はほとんどないでしょう。

それまで『登場はしていたがプレイヤーの使えなかったカード』、それこそ『レベルモンスター』が『表遊戯』の勝利報酬に追加されるか、はたまたカード・トレーダーに出るようになるか、まあ、そんなところではないでしょうか?

 

まとめ:『武藤遊戯』実装で環境はそれほど変わらない

 

『武藤遊戯』の実装及び解放に伴って『ガジェット』とか『マシュマロン』が実装されるでもすれば『武藤遊戯は環境を支配する』でしょう。

しかしそこはそれ、遊戯王デュエルリンクスの運営=KONAMIは長らく『遊戯王OCG』を運営したのですから、まさかそんな軽率な真似をやらかさないでしょう。

スキルに関しても、『原作・アニメを一切無視した何の脈絡もないぶっ壊れスキルを表遊戯が使いこなす』のでなければ危険視する必要はないでしょうし、また上と全く同じ理由で、そんなトンデモスキルが作られてしまう心配もないでしょう。

 

ですから、『武藤遊戯』の実装で『環境はそれほど変わらない』をこの記事の結論とします。

なお、この記事は100%筆者の予想で構成されており、その予想はときに、筆者の原作に対する知識のみで支えられています。

即ち、根拠はほぼないに等しく、ここで書かれていた内容が正しいとは限りませんので、その点だけは注意して頂いて、また、いざというときには御容赦下さいますよう、先にお願いしておきます。

Pocket

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。