【遊戯王デュエルリンクス】武藤遊戯の勝利報酬一覧!次回登場時の勝利報酬予想も!

【遊戯王デュエルリンクス】武藤遊戯の勝利報酬一覧!次回登場時の勝利報酬予想も!
Pocket

遊戯王デュエルリンクスにて先日開催されたミニイベントのメインキャラ『武藤遊戯』はその唐突な登場や、原作主人公とは思えないほどしょっぱいイベント内容・報酬で多くのプレイヤーの度肝を抜きました。

しかもそのしょっぱさに反してイベントの難易度は非常に高く、またその高い理由が『武藤遊戯を倒せというイベントなのに武藤遊戯が出るかどうかが運任せ』『出たとしてもレベルが低すぎる』『レベルが高いのが出たら出たで行き場を無くして困ってる満タンなエネルギーをぶつけてくる『魔導獣ケルベロス』を並べてきた』だとかそういう具合でしたから、当然、イベントの評価はどうしようもないものでした。

 

ですが『ペガサス』のイベントを鑑みるに、また悪名高き遊戯王デュエルリンクス運営のことですから、『武藤遊戯』こと『表遊戯』はそのうちデュエルリンクスの世界に舞い戻ってくるでしょう。

別に旨味もない癖に超えられないしイライラする『表遊戯』が戻ってくるなんて悪夢以外の何者でもないでしょうが、しかし『ペガサスイベント』は復刻してその内容・報酬が良化したわけで、もしかすると『武藤遊戯イベント』も2回目が本番かもしれません。

 

そこでここでは2回目の武藤遊戯イベント時に表遊戯が落とすかもしれないカード』を予想していきますが、所詮は予想、しかも希望的観測が多分に含まれるものであることを先に断っておきます。

【本題の前に】前回のイベントにおける勝利報酬一覧

カード名 レア 特徴/評価
破壊竜ガンドラ UR ・フィールド上のカードを破壊&除外が可能。
・破壊したカード×300攻撃力が上がるためフィニッシャーとしても使える。
・特殊召喚が出来ないため、召喚する手段が面倒くさい。
恵みの雨 SR ・お互いのプレイヤ―のLPを1000回復
・対CPU戦では何かしらの使い道があるかもしれない
ユニオンアタック SR ・モンスター同士の攻撃力を1つに集め、相手に攻撃できる。
マジックブラスト SR ・最大600ダメージ与えられる魔法カード
・墓地に行くとドローの代わりに手札に戻るため注意
トイマジシャン SR ・罠や魔法破壊対策のモンスター
・使い方が回りくどいので少し扱いづらい
ルイーズ R ・ATK1200/DEF1500
通常モンスターの中では弱く使い道は少ない。
城壁 R ・モンスターの守備を500上昇
・エンドフェイズには効果が切れる
罅割れゆく斧 R ・自分のスタンバイフェイズ毎に対象モンスターの攻撃力を500ダウン
ブロックマン R ・自分フィールドに存在したターン数だけブロックトークンを特殊召喚できる。
ミノケンサテュロス R ・このカードをリリースすることで、デッキから獣戦士族Lv4の通常モンスターを特殊召喚できる。

出典:https://duellinks.gamewith.jp/article/show/48916

欲しかったのはユニオン・アタックぐらいか

前回の勝利報酬は軒並み使えない、あるいは使いづらい、または現環境では活かせないカードばかりで、先のミニイベント時点で欲しかったのはある種のハイスコアデッキに使えた『ユニオン・アタック』程度でした。

 

 

次回登場時にドロップするかもしれないカード予想

 

各種ガジェット

遊戯王デュエルリンクス 武藤遊戯 報酬

出典:http://www.ka-nabell.com/saledetail-73705259.html

召喚・特殊召喚されることでお互いをサーチしあえる緑と黄色と赤色の各種『ガジェット』は原作最後の決闘『闇遊戯』VS『表遊戯』にて『表遊戯』の使用したカード群で、ステータスこそ低いものの、召喚さえ通れば必ず後続のモンスターを手札に備えられるのが強みです。

その強みは一見地味ですが、しかし途方もなく強力で、『場をガジェットでつなぎ、相手モンスター・罠・魔法を除去カードで破壊していくことでデュエルのイニシアチブを握る』ことをコンセプトとした『除去ガジェット』は過去、現実のOCGで猛威を奮ったデッキです。

 

安易に『ガジェット』を実装してしまうと環境が崩壊しかねませんが、しかし除去カードの乏しい、また乏しい方向でカード実装が進むのであろうと予測されるデュエルリンクスに『ガジェット』を実装しても、まあ、どうでしょう、そこまで壊れた性能にはならないように思われます。

 

『ガジェットのステータスを装備魔法で補う』タイプのデッキもあり、そちらも相当に強いデッキではあるのですが、そのデッキの中核をなす『悪魔のくちづけ』『デーモンの斧』が実装されねば『ブラック・ペンダント』が『ガジェット』の主武装となるはずで、いや、それは『ブラック・ペンダント』でも『グリーン・ガジェット』の攻撃力は1900になりますが、なるとはいえ1900なら大したことのない数値、倒して喰らう500のバーンはそれなりに痛いですが、そこまで警戒するデッキにもならないでしょう。

 

大体、デュエルリンクスのデュエル方式は『スピードデュエル』、デッキが20枚故に『手札にガジェットが被った!』が頻発するでしょうし、どこぞのモーレツ悪魔がやる実験の成功率ぐらいは実装の期待値があるでしょう。

 

サイレント・ソードマン

遊戯王デュエルリンクス 武藤遊戯 報酬

出典:http://bonkula.hateblo.jp/entry/2016/06/06/201435

レベルよって効果が異なり、レベル3なら『相手の魔法カードの対象にならない』、レベル5なら『相手の魔法カードの効果を受けない』、レベル7なら『このカードがフィールド上にいるとすべての魔法カードの効果を無効にする』この『サイレント・ソードマンシリーズ』は原作における『表遊戯』の切り札でした。

 

所謂レベルモンスターであり、『サイレント・ソードマンLV3』は場に1ターン生存すると次の自分スタンバイフェイズに『LV5』に進化し、『LV5』は相手に直接攻撃した次の自分スタンバイフェイズに『LV7』に進化します。

とはいえ『進化のみでしか召喚できないわけではなく、レベル5までは通常召喚できる』ため、もしも実装されれば出しやすく、また場持ちが良いレベル5がある程度の人気・採用率を得るのではないでしょうか?

 

前回のイベントでは『表遊戯』のデッキに投入されていませんでしたが、何せ人気のあるカードですし、次回のイベントで登場する可能性は否定できません。

 

サイレント・マジシャン

遊戯王デュエルリンクス 武藤遊戯 報酬

出典:http://bonkula.hateblo.jp/entry/2016/06/05/223007

『サイレント・ソードマン』と同じく原作で『表遊戯』の切り札であったこの『サイレント・マジシャン』もまたレベルモンスターで、あちらと違って2種類(レベル4・8)しか存在せず、また前回のイベントにてレベル4が『表遊戯』のデッキ内に確認できました。

 

レベル4は『相手がカードをドローする度にこのカードに魔力カウンターが1つたまり、たまっているカウンターの数×500ポイント攻撃力が上昇する』効果と『魔力カウンターが5個たまった次のターンにこのカードを墓地へ送るとレベル8を召喚する』効果を持ち、レベルモンスターを条件を無視して進化させる『レベルアップ』の魔法カードが無ければなかなか使いづらいモンスターです。

 

使いづらいだけあってレベル4から召喚されるレベル8はステータスが高く、なんと攻撃力は3500、しかも相手の魔法カードの効果を受けませんから、まあまあ場持ちが良いカードです。

しかし場持ちが良いといっても所詮耐性があるのは魔法だけ、流行りの『銀幕の鏡壁』『道連れ』であっけなく破壊されるのですから、同様の効果を持つ『サイレント・ソードマン』共々、実装されたとしても壊れ性能にはならないでしょうし、どうでしょう、レベル4が『表遊戯』のデッキ内に入っていたこと、及び件の出しづらさもあって、このカードは真面目に実装されるのではないでしょうか?

 

まとめ

さて、ここまで遊戯王デュエルリンクスを騒がせた『武藤遊戯イベント』について、その前回の報酬と次回の報酬を紹介・予想してきましたが、実は『表遊戯』は原作・アニメで見せたデュエルが少なく、従って使用したカードも少ないため、ここで紹介したカードが彼の使用したカードのほぼすべてとなります。

紹介していない残りは『封印の黄金櫃』のようなどう考えても実装されるはずがないカードが何枚かだけ、つまるところ、ここで紹介したカードが片っ端から実装されると『表遊戯のカードのほとんどがデュエルリンクスで使えるように成る』のです。

遊戯王デュエルリンクスも一応はキャラゲーに分類されるのでしょうから、大事なものは原作・アニメのファン層で、もしかするともしかして、『希望的観測』が実現してしまうかもしれません。

次回の登場を心待ちにしましょう。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。