【遊戯王デュエルリンクス】ペガサス周回がレベル30に限る絶対的な理由

【遊戯王デュエルリンクス】ペガサス周回がレベル30に限る絶対的な理由
Pocket

先日開催された『トゥーン・ワールドへの招待』は遊戯王デュエルリンクスにおいて記念すべき初のイベントであり、それにしては随分な盛況で無事終了しましたが、しかし初のイベントだけあって、その攻略にプレイヤーたちは苦心したものです。

イベント進行の流れは極単純で、スタンダードデュエリストを倒して得た『スターチップ』を消費して『ペガサス』に挑み、そのデュエルのスコアを基に計算される『イベントポイント』を集めて景品と交換する、大体そんなものでした。

ただでさえ単純なものを文字に起こせば当然より単純に見えますから、イベントを経験しなかったプレイヤーからは『どの辺りに苦労するべき要素があったのか?』そんな疑問も出てくることでしょう。

 

さあ、何がプレイヤーたちを苦しめたのでしょうか?

  • 『スターチップ』の入手?
  • 『イベントポイント』が少すぎるとか?

答えはずばり、『ペガサスが強すぎた』のです。

イベント開始まで、最強のレジェンドデュエリストといえば『海馬瀬人』が定説でしたが、その定説が、まあ定説は覆るものであるにせよ、しかし一瞬で覆った程に『ペガサス』は強く、多くのプレイヤーが彼に挑んでは『私の勝ちデース!』素晴らしく流暢な日本語でそう言われ、ある者は『全米チャンプ』の名誉とプライドを損ない、ある者はデュエリストをやめて危険なギャンブルの世界に身をやつし、またある者はリストバンドに隠したカードを手札に加えるような不正を犯してでも『ペガサス』に復讐することを誓ったものです。

 

そんなプレイヤーたちの執念にも似た努力により、イベント終了頃には対『ペガサス』用の対策や、効率の良い『ペガサス』周回法などが『ペガサスと戦うならレベル40ではなく30を選べ』そんな警句と共に確立されていました。

確かにイベントは終わってしまいましたが、遊戯王デュエルリンクスの運営は『近い招来、ペガサスは新たなデッキと共に新たなイベントで帰ってくる』そんなことを示唆しており、かつて作られたノウハウを覚えておくことは今後必ず役に立つでしょう。

偉大な先人たちの努力を無駄にしないためにも、ここでは次回以降の『ペガサスイベント』にて役立つであろう『ペガサスレベル30周回』に纏わる情報を紹介していきます。

ペガサスを周回するならレベル30を選べ!

遊戯王デュエルリンクス ペガサス 30

出典:https://yugioh.gamerch.com/ペガサス・J・クロフォード

『俺より強いやつと会いに行く』そんな主義のデュエリストであればレベル40に挑んでみてもいいでしょうが、とはいえ、レベル40は本当に難関で、イベントをプレイしたことないプレイヤーが『こんなものだろう』と想像している強さは、恐らく彼の実力の3分の2に達するかどうかといったところでしょうか。

さて、『ペガサス』の強さを直接語ってもいいところですが、ここでは敢えて、冒頭分で名前を出した『海馬瀬人』を引き合いに出して『ペガサス』の強さを間接的に伝えてみることにしましょう。

『パワーカード』の数々を用いて原作・アニメで活躍した『海馬瀬人』は、先述の通り『ペガサス』登場までは最強のレジェンドデュエリストでした。

戦ったことのあるプレイヤーがほとんどでしょうが、一応『海馬』のレベル40、その強さを再確認してみましょう。

『海馬』の強みといえばまず『ブラッド・ヴォルス』でしょう。

 

何でも『殺戮の獣魔人』であるらしいこのカードの攻撃力は1900で、この数値は現在デュエルリンクスに実装されている下級モンスターのどれよりも強力です。

『レオンタウロス』であるとか、或いは特定条件下における『龍脈に潜む者』であれば、下級モンスターでも攻撃力2000を計測することもできますが、前者は『効果モンスターとの戦闘に限って発動する自身の効果』によるもので、通常モンスターである『ブラッド・ヴォルス』には通用しませんし、後者は場に『永続魔法がなければいけません』

 

『レオンタウロス』はともかく、『龍脈に潜む者』ならなんとかなるのではないか? ところがどっこい、『海馬』は『ツイスター』のカードをデッキに投入しており、しかもその枚数は2枚ですから、彼の前で永続魔法を維持することは難しいのです。

『ブラッド・ヴォルス』をなんとか退けた、或いはこれより強いモンスターを召喚したとして、次にプレイヤーを襲うのは『エネミー・コントローラー』でしょう。

『相手モンスター1体の表示形式を変更する』か、或いは『自身のモンスターをリリースして、相手モンスター1体のコントロールをエンドフェイズ時まで得る』ことが出来る『エネミー・コントローラー』の強さは説明するまでもないでしょう。

大抵の上級モンスターは守備力が脆弱ですし、そうでなく戦闘にめっぽう強い『魔神』ですら、コントロールを奪われてしまえばそれまで、しかもその高い攻撃力が自分に牙を剥くのですから笑えません。

 

『異次元の戦士』も忘れてはいけないでしょう。

このモンスターと戦闘を行ったモンスターは、バトルの勝敗によらず『除外』されてしまいます。

どれだけ強力なモンスターだろうが、うっかり裏守備の『異次元の戦士』を攻撃してしまうとか、或いは『異次元の戦士』の自爆特攻を受けるかするとあっけなく除去されてしまうのです。

これらの強力なカードを擁する『海馬』レベル40は安定した周回法が無いと言われており、それもまた仕方ないことが充分にわかっていただけたかと思いますが、さて、『ペガサス』のレベル40は、そんな彼より強いのです。

 

いちおう、『海馬』と違って『ペガサス』はある程度の対策が可能ですが、それでも安定して勝てるかどうか、運が絡むところが否定できないところで、避けて通れるなら避けて通りたいところです。

そうして実際、『ペガサス』レベル40は避けて通れてしまうのですから、わざわざ危険を冒す必要もないのです。

 

弱いペガサス30から手に入る報酬・イベントポイントは強い40と比べてそれほど劣らない

 

さあ、『避けて通れてしまう』その理由は見出しの如く、『ペガサス』レベル30から手に入る報酬・イベントポイントが40とさほど変わらない割にレベル30の方が圧倒的に弱いためです。

圧倒的といっても、どの程度弱いのでしょう?

ずばり、『ケルベロスビート』が普通に通用する程度です。

『ケルベロスビート』が通用するということは、即ち『周回が効率的且つ楽に行える』ことを意味します。

 

また、レベル30の『ペガサス』に挑むために必要な『スターチップ』数はレベル40に挑むために必要なそれの数と比べて半分ですから、『ケルベロスビート』によってなされる『ペガサス』レベル30周回の効率は素晴らしく良いものとなります。

ところで、『さほど変わらない』と言った報酬・イベントポイントはどの程度違うのでしょうか?

中には『さほどでも差があるなら劣ってるんじゃないか』そう思う方もいらっしゃるでしょうが、しかし、ここでいう差とはドロップする中身ではなく、『報酬として出るカードの種類総数』で、レベル40がドロップする報酬が『ペガサス』固有の報酬カードと各種宝石、ジェムなどのみなのに対し、レベル30は、たとえば『魔菌』であるとか、『赤の忍者』だのが混ざることになります。

 

『そんな使えない雑魚カードばかりもらえても』と思うかもしれませんが、試行回数が多く、またデュエルスコアさえ高ければ=『ケルベロスビート』さえ使えば『ペガサス』のドロップする固有カードを揃えることも可能なのですから、それほど大きな問題にはならないでしょう。

更に気になる『イベントポイント』の差ですが、こちらも大したことはありません。

レベル30で手に入るイベントポイント数はデュエルスコア×7となっており、一方レベル40で手に入るイベントポイント数はデュエルスコア×18に設定されています。

『随分差がある』ように思えますが、レベル40に比べレベル30は半分の『スターチップ』消費で挑めるうえ、加えて『ケルベロスビート』によって破格のデュエルスコアが稼げるのですから、実際にはそれほど大きな差は出ません。

 

まとめ

さあ、ここまで『ペガサス』のレベル30に纏わる情報を見てきましたが、ご覧の通り、レベル30を周回して得られるメリットはレベル40を無理して周回するよりずっと大きく、そして効率的です。

将来『ペガサス』が遊戯王デュエルリンクスにカムバックするとき、運営によるテコ入れが入ればここに書かれている情報が全て正しくなくなる可能性もありますが、とはいえそこまで大きなルール・ポイント計算式・デッキ内容の改正などがあるとは思えません。

そこまで身構え過ぎず、今のうちからゆっくり『ケルベロスビート』を組むなどしてイベントに備え、いざイベントが始まったら、くれぐれも『ペガサスの野郎は俺のイベント計画を狂わせた! 復讐してやる!』そんなプレイヤーにならないよう、レベル30の『ペガサス』に挑むことを心がけましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。