【遊戯王デュエルリンクス】ペガサス周回を劇的に楽にするたった2つの方法!

【遊戯王デュエルリンクス】ペガサス周回を劇的に楽にするたった2つの方法!
Pocket

遊戯王デュエルリンクス初のイベントであった『トゥーン・ワールドへの招待』ですが、そこで新規実装された『ペガサス』の強さはまさしく驚異的の一言に尽き、多くのデュエリストが無念の敗北を喫しました。

しかし、何せイベントの大前提として『ペガサス』の周回は必須でしたから、負けたデュエリストたちとて何時までも自分たちの悔し涙で作った水溜りのなかに佇んでいるわけにもいかず、挑んでは対策を練り、時に勝ち、時に負け、また挑んでは対策を練り、中には脱落するものがいないでもありませんでしたが、とはいえ彼らのトライ・アンド・エラーの数々は最終的に実を結び、イベント終了頃には、多くのプレイヤーが『ペガサス』周回を制していました。

 

ですが、『ペガサス』は遊戯王デュエルリンクスに舞い戻ってくることが公式アナウンスされており、次回イベントで初めて『ペガサス』と相対するビギナープレイヤー、つまり『ペガサス周回法』を知らない層は屈辱的な敗北を味わうことになるかもしれません。

それでは先人たちが何の為に血の滲むような苦労をしたやら知れず、また散っていった者たちも報われませんから、ここでは次のイベントに備え、ルーキプレイヤー向けに、偉大なる先駆者たちが開発した『ペガサス』の周回方法・コツを紹介していきます。

【ペガサス周回のコツ1】レベル40とは戦うな!

12.遊戯王デュエルリンクス ペガサス 周回

出典:https://yugioh.gamerch.com/ペガサス・J・クロフォード

『大体ペガサスって本当に強いの?』

先のイベントを知らないプレイヤーの中にはそんな疑問を抱く人があるかもしれませんが、『ペガサス』ではなく『海馬瀬人』ならどうでしょうか? 恐らくほとんどのプレイヤーが戦ったことがあり、その強さはもはや語るまでもありません。

時に『コロシアムでゴールドランクやデュエルキングになる上位プレイヤー』すら食いつぶすあの『海馬』ですが、『ペガサス』はそんな彼より強いのです。

語るまでもないほど強い男より強い男ですから、その強さは言葉でうまく語ることができない程です。

 

それでも強いて、と言われるなら言葉にできなくもありませんが『攻撃力2000前後のモンスターを1ターンで2~3体並べて来て、しかもそれらが直接攻撃してくるうえ、攻撃されるとペガサスがドローしたり、自分が手札を捨てたりしなければならなかったりするほか、NPCの癖に道連れを発動してきたり、こちらの墓地にあるモンスター・魔法・罠を特殊召喚したり奪ったりしてくる』面白くも何ともない、こんな絶望的な文章になってしまいます。

 

さて、そんな強い『ペガサス』に勝つ方法があるのでしょうか? 少なくとも、安定して勝つ方法はありません。

『でも周回方法があるって言ったじゃないか!』

 

まさしくその通りですが、そこで見出しを引き合いにだし、解説を初めて行きましょう。

『ペガサスのレベル40とは戦うな』です。

 

格段に弱いレベル30をカモれ!

 

『ペガサスのレベル40が強すぎるなら、逆に考えるんだ。勝てなくってもいいさ、と考えるんだ』

全くその通り、素晴らしい言葉もあったものです。

上記のべらぼうな強さ、実はあれは『ペガサスレベル40』の強さです。

『レベル40』に勝てないなら、『レベル40』の攻略なんてスパッと諦めて、より弱い『レベル30』の攻略に切り替えていけばいいのです。

 

挑むレベルを30まで引き下げれば、あら不思議、『ペガサス』の強さは標準的な『ケルベロスビート』安定して周回できる程度まで下がりますから、後は攻撃力を上げた『ケルベロス』で『ペガサス』を殴り続けるだけの作業になります。

『でもレベル30だと報酬も悪くなるし、イベントの攻略的にも効率悪いんじゃ?』そう考えるかもしれませんが、その心配は要りません。

流石偉大なる先駆者たち、その点もしっかり考えられているのです。

 

先のイベントにおいて『ペガサス』に挑むときに必要だったアイテム『スターチップ』は、挑戦する『ペガサス』のレベルに応じてその必要個数が決まっていましたが、『レベル40』は40個、対して『レベル30』は半分の20個でした。

イベント攻略の鍵を握った『イベントポイント』は『ペガサス』を倒したときのデュエルスコアを基に計算され、『レベル40』でスコアの18倍、『レベル30』でスコアの7倍でした。

 

『1度やって18倍を低確率で手に入れる』『2度やって7倍を2回確実に手に入れるか』の差は大きく、しかも『レベル30』には『ケルベロス』が通用するため膨大なスコアが期待できたのに対し『レベル40』ではそうはいかず、従って『レベル30をケルベロスで周回する方が効率よくイベントが進む』のです。

また、『レベル30』と『レベル40』の報酬差は『ドロップするアイテムに要らないカードが交じる』程度ですから、単純に挑む回数が増え、更にスコアが良い=もらえる報酬が多い『レベル30』周回でも『レベル40に挑み続けたときと同様の報酬を手に入れられる』のです。

 

【ペガサス周回のコツ2】デッキに除去魔法を積みまくれ!

遊戯王デュエルリンクス ペガサス 周回

出典:http://appmedia.jp/duel_links/421703

ところで『ペガサス』が主力として用いる『トゥーンモンスター』はそのほとんどが場に留まる・効果発動・召喚などの条件に『トゥーン・ワールドが場にあること』を要求しています。

つまり、『トゥーン・ワールド』さえ除去できれば『ペガサス』はそのデッキの大半を埋め尽くす『トゥーンモンスター』を無力化でき、ともすると『レベル40』相手でも勝利を収めることが出来るかもしれません。

そこで、対『ペガサス』戦ではデッキ内に『ツイスター』や、或いは『魔法除去』を大量投入することが非常に有効です。

 

『魔法除去なんてツイスターに比べたら弱いしなあ』

その気持ちはわかりますが、しかし初手に『トゥーン・ワールド』が破壊できるカードがあるかどうかが勝敗を大きく左右するのですから、この際偏見は捨てて『魔法除去』だって可能な限りデッキに投入しましょう。

それに、『魔法除去』採用の理由は単に除去手段としてだけではありません。

 

『魔法除去』はそれ自身が魔法カードですから、『ケルベロスビート』と相性が良いうえ、また伏せられているカードを確認できますので、後述する『アヌビスの裁き』が場にあるとき、それを確認するのにも使えるのです。

 

【ただし】アヌビスの裁きに注意!

 

ただし『ペガサス』は『魔法・罠カードを破壊する魔法カードを無効にする』カード『アヌビスの裁き』をデッキに投入しています。

しかも『アヌビスの裁き』は発動するとこちらのモンスター1体を破壊して、その攻撃力分のダメージを与えてきます。

先行で『トゥーン・ワールド』を破壊できれば良いのですが、そうでなかった場合、『ペガサス』の場に伏せカードがあるときは注意して『魔法除去』や『ツイスター』を発動しましょう。

『アヌビスの裁きがあるかもしれない!』

これを知らずに、また注意せずにプレイするのと知っていてプレイするのでは、『アヌビスの裁き』が伏せられていても受ける損害が違います。

もしも『アヌビスの裁き』を対策するのであれば、『トラップ・ジャマー』を投入することも考えられます。

『トラップ・ジャマー』なら『ペガサス』のデッキに投入されている『道連れ』も防ぐことが可能で、『トゥーン・ワールドを破壊してトゥーンを壊滅させたら、場にいたケルベロスが死んだ』なんてことも防げます。

ただ、『トラップ・ジャマー』はバトルフェイズにしか発動できませんから通常魔法の『魔法除去』とは相性が悪く、この2枚は相互互換、採用するならどちらかが片方で、あれだけおしておいてなんですが、もしかすると『トラップ・ジャマー』の方をデッキに積み込む方が安定するかもしれません。

まとめ

遊戯王デュエルリンクスにおける現時点最強のNPC『ペガサス』ですが、しかし対策さえ知っていれば彼の『周回』について、何も恐れることはありません。

次のイベントに備え、今のうちから対策カードを集めたり、或いは対『ペガサス』を想定したデッキを構築しておいても良いでしょう。

もし対策を後回しにするにしても、ここで紹介したコツを知っているかどうかが『ペガサス』に関連するイベント攻略の効率に大きく関わって来ますから、せめてコツだけは頭に叩き込んでおきたいものです。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。