【遊戯王デュエルリンクス】絶対に手に入れたいドロップスキル3選!

【遊戯王デュエルリンクス】絶対に手に入れたいドロップスキル3選!
Pocket

遊戯王デュエルリンクスにおいては、決闘に挑む前にすべき工夫の数が通常のOCGより多くなっています。

普通であれば『デッキ構築』『プレイングの予習』、それと『仮想敵の研究』が挙げられますが、遊戯王デュエルリンクスではここに『スキルの選択』が加えられています。

 

スキルには様々な効果のものがあり、『フィールド魔法を発動した状態で決闘が開始する』ものもあれば『ドローしたカードを2枚に複製するもの』など、効果の強さにはスキル間で差がありますが、それにしても全てのスキルが従来の決闘の常識を覆すものです。

 

なかでも『ドロップスキル』と呼ばれるスキルは強力なスキルを持つものが多く、ここではその強力な『ドロップスキル』について紹介していきます。

そもそもドロップスキルって何?

遊戯王デュエルリンクス スキル ドロップ

『ドロップスキル』の名の通り、『ドロップスキル』は『デュエル報酬』としてデュエル後に得られる『宝箱』からドロップします。

ただし、そのドロップ率は極端に低く、大体『ドロップされるSRカードを狙う周回』同程度か、或いはそれ以上の『レジェンド周回』を必要とします。

 

ドロップスキルにもまた『固有のドロップスキル』『共通スキル』が存在しており、『固有のスキル』はたとえば闇遊戯『ディスティニードロー』のように『闇遊戯を使用しているときにしかドロップせず、闇遊戯でしか使えないスキル』のことを指し、『共通スキル』『誰を使っていてもドロップするが、ドロップした本人しか利用できないスキル』を指します。

 

なお、周回を行なう相手に指定はなく、出来れば『レジェンドデュエリスト』が良いとされていますが、スタンダードデュエリストからもドロップします。

 

【スキルの女王】孔雀舞

遊戯王デュエルリンクス スキル ドロップ

出典:https://kamigame.jp/遊戯王デュエルリンクス/キャラクター/孔雀舞.html

原作・アニメの『王国編』から『決闘都市編』にかけて活躍した彼女『孔雀舞』は『ハーピィ使い』として知られますが、デュエルリンクス内では凶悪な戦闘補助効果でバトルに無類の強さを持つ『アマゾネス使い』の印象が強くなっています。

 

確かに『決闘都市編』では『ハーピィ・レディ』系のカードを使う機会に乏しく、むしろ『アマゾネス』モンスターの方を主軸としたデッキを使っていましたが、しかしそれは『陸戦型のアマゾネスは囮で飛行能力を持つハーピィこそが切り札であることを隠蔽するため』でした。

 

もしかするとデュエルリンクスは狙ってそれを高度に再現しているのでしょうか? 『ドロップスキル』たちは『アマゾネス』には目もくれず、とことん『ハーピィ・レディ』に纏わるもので、その強さは現時点で実装されている他のあらゆるスキルを圧倒します。

 

ハーピィの遺志

遊戯王デュエルリンクス スキル ドロップ

出典:http://遊戯王デュエルリンクス攻略ぷらす.com/【デュエルリンクス】ハーピィの狩場のドロップ

墓地に存在する『ハーピィ』を6枚除外することで手札に『ハーピィの羽根箒』を加えるこのスキルは発動条件こそ厳しいものの、発動さえすればあの『ハーピィの羽根帚』を手札に加えることが出来ます。

ことさら『あの』と強調したように、『ハーピィの羽根箒』の強さは常軌を逸しています。

 

長年遊戯王OCGにおいて『禁止カード』に指定され決闘で使用できなかったこの魔法は、発動すれば『相手の場の魔法・罠を全て破壊する』効果を持ちます。

相手の場にある魔法・罠をたった1枚破壊する『サイクロン』ですら長らく『制限カード』でしたし、ことデュエルリンクスにおいては未だ禁止制限改定が行われていないものの、表側表示になっている魔法・罠しか破壊できない『ツイスター』ですら『必須カード』と呼ばれ強力だと評されているのです。

 

『ハーピィの羽根箒』の強さについてそれ以上語る必要があるでしょうか? あるはずもありません。

ただしこの項の冒頭でも書いたように、スキル発動は『墓地に6体のハーピィを溜めること』が条件となっているため、そもそも発動条件を満たすことがやや難しいことがネックとなります。

尤も、決闘が後半に入り、場が熟す頃に真価を発揮するのが『ハーピィの羽根箒』ですから、強いて『ハーピィの羽根箒』を開幕に発動する必要などどこにもなく、ネックではあっても欠点ではありません

 

順当に『ハーピィ』デッキを組み、順当に決闘を進めていけば、まず『発動できない!』そんなことになることもないでしょう。

ないだけに、『強すぎる』と言われているスキルです。

それにしても、『ハーピィの羽根箒』は当然未だデュエルリンクスには未実装ですが、そのはずですが、このスキルを使うことで舞はどこからともなく手札に羽根箒を加えます。

『王国編』でリストバンドに隠していた『7』のカードを手札に加えた『バンデット・キース』は王国の最高責任者である『ペガサス』によって無慈悲にも処刑されたのですが、彼女については何か罰則を設けなくていいのでしょうか?

 

ハーピィの狩場

遊戯王デュエルリンクス スキル ドロップ

出典:http://遊戯王デュエルリンクス攻略ぷらす.com/【デュエルリンクス】ハーピィの狩場のドロップ

『また舞か』そんな声も聴こえて来そうですが、『ハーピィの遺志』はむしろ舞のスキルとしては『前座』に過ぎません。

『ハーピィの遺志』はそれこそ『本当の切り札を隠すための囮』なのです。

『禁止カード』を手札に加えるスキルが前座ならどんな凶悪スキルが本気のスキルなのでしょう? 『制限カードの乱射』です。

 

厳密には現在は『無制限カード』ですが、先程紹介した『サイクロン』を乱射するスキル『ハーピィの狩場』こそが『孔雀舞』最強のスキルです。

『ハーピィの狩場』のスキルを使用することでデュエル開始時から展開されるフィールド魔法『ハーピィの狩場』は、『ハーピィ・レディが召喚・特殊召喚されると場のフィールド魔法を1枚破壊する』効果を持ち、ついでに『鳥獣族の攻撃力を200ポイントアップ』します。

 

ついで、と気軽に言ったものの、その数値は同じく鳥獣族をサポートするフィールド魔法『山』と何ら異なりませんし、『山』を発動するだけの効果を持つスキルもあるくらいで、しかもそれがそれなりに評価されているのですから、まさか決して弱い効果ではありません。

 

余りに前者の効果が強すぎるために、『ついで』呼ばわりされなければならないのです。

『山』を発動するだけにスキル枠を使用せねばならない『海馬』は泣いていることでしょう。

 

さて、『ハーピィ・レディ』が召喚されるたびに相手の魔法・罠を破壊することの強さについて、今更語る必要があるとは思えません。

『ハーピィの遺志』は発動条件がそれなりに重く、少なくとも『相手の場にある伏せカード、あれ怖いから1枚だけだけど羽根箒使っちゃおうかな?』こんな風に気軽には使えませんでした。

 

しかし、『ハーピィの狩場』なら『絶対ブラフとわかってる伏せカードだけど、手札にハーピィ・レディも居るし叩きわるかあ』こんな風に夜中におぼえた空腹感を満たすため、すこしその辺のコンビニにでも行く超お手軽な感覚で相手の伏せカードを除去できます。

 

なんなら『ハーピィ・レディ』を召喚してからの『万華鏡-加齢なる分身』『ハーピィ・レディ三姉妹』を特殊召喚すれば、続けて相手の魔法・罠を2枚叩き割る事ができます。

 

『6体を墓地から除外して相手の魔法・罠を最大3枚叩き割る』のが『ハーピィの遺志』でしたが、それに比べて『ハーピィの狩場』は『召喚権を使ってモンスターを場に出す当たり前のことをしながら相手の伏せ除去が可能』です。

 

『伏せ除去』ばかり強調して来ましたが、別に伏せられているカードを破壊しなければならないわけではありません。

 

『トゥーン・ワールド』だろうが『ワンダー・バルーン』だろうが、表側表示になっている魔法・罠が鬱陶しいならば、とりあえず『ハーピィ・レディ』を召喚しておけばいいのです。

まさしく『生きるサイクロン』の量産機ですが、しかし欠点がないわけではありません。

 

ハーピィの狩場の欠点って?

このスキルを活用するためには、当然デッキ内を大量の『ハーピィ・レディ』で満たさねばなりませんが、その『ハーピィ・レディ』の攻撃力は『ハーピィ・レディ2』や同じく『3』を含めて1300で、『ハーピィの狩場』の補正を受けても精々1500止まりです。

戦闘に弱い! 召喚された『ハーピィ・レディ』によって魔法・罠を叩き割られても、返しのターンで『ハーピィ・レディ』を倒すことが出来るはずです。

 

本当でしょうか? 実はそう簡単にはいきません。

『万華鏡-加齢なる分身』によって『ハーピィ・レディ三姉妹』が場に出れば、彼女たちの攻撃力は補正を込みにして2150と高く、この数値は下級モンスターで超えるものの居ない数値です。

 

アドバンス召喚を主体とするデッキか、ないし『儀式』か、はたまた『ガーディアン・グラール』を採用しているであるとか、古典的に『恐竜族』でもいいですが、『極端に戦闘に強い』デッキでなければ制圧出来ない程度には『ハーピィ・レディ』デッキは戦闘に強く、それらのデッキ以外で正面からぶつかると正直、大分厳しい決闘を強いられることになるでしょう

 

また、『戦闘の弱さ』を克服するために『援軍』『ワンダー・バルーン』を採用している『ハーピィ・レディ』も存在していますし、割り切って『道連れ』を投入することで場の制圧を試みる型や、デッキ内に『鳥獣族』の通常モンスターを多めに搭載して『ハーピィ・レディ』と共に『突撃指令』などの強力な通常モンスターサポートを使用するデッキタイプもあれば、それら3つを複合した型もあり、『戦闘に弱い』は所詮『補強可能な弱点』でしかありません。

 

ただし、別の重大な欠点は存在しています。

 

フィールド魔法主体のデッキ相手にはすべからくツイスターを用いるべし

別に『ハーピィの狩場』に限ったことでもありませんが、フィールド魔法はその性質上、おしなべて『ツイスター』に弱く、『フィールド魔法に依存するデッキはツイスター1枚で壊滅する』のです。

当然、これを対策して『マジック・ジャマー』を採用することが考えられますが、それでも『ツイスター』が複数枚飛んでくればそうそう防ぎきれるものでもありません。

 

そもそも20枚のデッキに『ハーピィ・レディ』とそれらのサポート、その他鳥獣族などを積み込むだけでも一苦労で、そこに『マジック・ジャマー』を筆頭にしたカウンター罠を余分に搭載しまくる余裕はありません。

ですから、『ハーピィの狩場』を使う側は『ツイスターをどう防ぐか』を考え、使われる側は『ツイスターをどう通すか』が勝負になります。

 

なお、『ハーピィの狩場』の効果は『召喚したときに~する』テキストを持つ『強制効果』ですから、『相手の場と自分の場にハーピィの狩場以外の魔法・罠があればハーピィの狩場が破壊されてしまう』ことを決して忘れてはいけません。

 

それにしても、『サイクロン』はかつて『制限カード』としてちやほやされ『必須カード』であるとされていましたが、時代が移ろい、『伏せ除去』がモンスターによって行われるようになるとその制限を解除され、前述の通り今では無制限カードとなり、それどころかデッキタイプによっては『サイクロン』を投入しないものもあります。

 

『ハーピィの羽根帚』ですら制限カードとなった経緯を見るに、デュエルリンクス内にて『最強』と評されるこの『ハーピィの狩場』もいつかはその評価を落とすのでしょうが、ここまで3弾のボックスで発表された新規カードの実装傾向からして、『ハーピィ・レディ』たちの翼が折られるのは随分遠い未来のことになりそうです。

 

【王様ドロー】闇遊戯

遊戯王デュエルリンクス スキル ドロップ

出典:https://kamigame.jp/遊戯王デュエルリンクス/キャラクター/闇遊戯.html

さながら『孔雀舞無双』と化した『ドロップスキル市場』ですが、そこに一石を投じるのはこの男『闇遊戯』です。

古代のファラオというとんでもない身分を持ったこの人物は『引きたいカードを引きたいときにドロー出来る』という能力を無自覚ながら持つとされ、実際土壇場の神っている引きで様々な強敵を倒してきました。

 

彼がカードゲームに興ずることは法律で禁じられるべきでしょうが、それは彼だけがその能力を使えるからでしょう。

デュエルリンクスでは彼のとんでもドロー能力、ファン間での通称を『王様ドロー』というそれがなんと『ドロップスキル』として実装されており、プレイヤーはその気になりさえすれば彼の能力を自身で行使できるのです。

 

ディスティニードロー

『デステニードロー』と一般に表記されることが多いこの『ディスティニドロー』は本来、『どうしようもない状況をドロー1つで逆転する』ことを意味しますが、このスキルは前述の通り『引きたいカードを引ける』のですから、使用すればその意味を全く忠実に果たすことができます。

 

ただし、発動に条件があります。

2000ライフポイントを失うことです。

 

裏を返せば2000ライフさえ失えば『デッキから好きなカードを選んでドロー出来る』のですが、2000と言えばそれなりのダメージで、たとえば狙って受けようとすると、何らかのミスでそのまま決闘を押し切られてしまう可能性もあります。

 

『ケルベロスビート』の『サーチ型』で行われているように『コンボパーツ欲しさにわざとダメージを受ける』のでは事故死を起こす危険性が否めない数値設定がこの2000なわけですが、とはいえ裏を返せば、狙って発動さえしなければ問題ありません。

 

普通にデュエルを進行していれば2000ダメージぐらい受けるときはいくらでもあるでしょう。

よっぽど場を完全に制圧されている状況でなければ、『デッキの中から1枚好きなカードを引く』ことで場を覆すことが期待できるでしょう。

 

『ハーピィの狩場』よりお手軽でなく、また比較対象をあれにしてしまうとどうも判断が狂いますが、流石は原作最強デュエリストのチート能力をモチーフにしているだけあって、このスキルも十二分に『凶悪過ぎる』ものです。

 

2つの便利な共通スキル:ケルベロスビート用

さて、ここまで『固有のドロップスキル』ばかり見てきましたが、『共通スキル』の中にも際立つものが幾つかあります。

それらの多くは固有の、しかも独特なデッキで真価を発揮するものでなかなか全てを紹介しきれるものではありませんが、2つだけ、多くのプレイヤーが用いるデッキで多用されるスキルがあります。

ここでは『ケルベロスビート』の軸と成る『バランス』と『ドローセンス:光』を見ていきましょう。

 

バランス

遊戯王デュエルリンクス スキル ドロップ

周回に用いられる『ケルベロスビート』『バランス型』を構築するために必要なスキルです。

周回をより安定させるために開発された『バランス型』の軸となるスキルですが、狙って引くことが出来ないためゲットするまでに時間が掛かるのが難点でしょう。

また、『カラテマンワンキル』のようなキーパーツを早い段階で手札に引き込みたいコンボデッキなどでも活用が期待できるスキルです。

 

ドローセンス:光

周回に用いられる『ケルベロスビート』『サーチ型』を構築するために必要なスキルです。

周回を効率よくこなすために開発された『サーチ型』の軸と成るスキルで、闇遊戯のスキル『魔導招来』などで代用可能なものの、こちらは発動条件となる被ダメージが『1500』と低目に設定されているため、可能であれば入手しておきたいスキルです。

 

まとめ

 

今回は『ドロップスキル』に着眼し、特に有用なものをピックアップして紹介しました。

この記事を通して、遊戯王デュエルリンクスにおいてどれだけスキルが持つ有用性が大きいか、あるいは大き過ぎるかを理解して頂けたなら幸いです。

ここで言える最後の言葉は『強くなりたいなら今はただハーピィの狩場獲得を目指せ』これに尽きますが、決闘を有利に進めるためのものであるスキルを入手するための周回がゲーム目的となるのでは、どうも本末転倒です。

あくまでも決闘を楽しみながら、上手にスキル収集を進めてください。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。