【遊戯王デュエルリンクス】リシドを使うとき構築しておきたい『連動トラップ』デッキを徹底解説!

【遊戯王デュエルリンクス】リシドを使うとき構築しておきたい『連動トラップ』デッキを徹底解説!
Pocket

遊戯王デュエルリンクスには現在複数のプレイアブルデュエリストが実装されていますが、その中でも『リシド』デッキはトリッキーなスキルによって他のデュエリストとは一味違うユニークなデュエルを展開できるキャラクターです。

 

原作においては『罠デッキ』を使いこなし、たった1度、対『城ノ内』戦しかデュエルをしていない彼ですが、その強さ、デュエリストとしてのプライドは本物で、デュエルにこそ敗れはしましたが、しかしそれは『神のカード』の怒りに触れた結果、勝負そのものには勝っていましたし、どんなに主人『マリク』の闇人格から『ハゲ』呼ばわりされたとしても、そのキャラクター性能が低くおさまるわけもありません。

 

ここでは遊戯王デュエルリンクスにおける異色の、それでいて強力なキャラクター、『リシド』と、彼を使う際に構築しておきたいデッキについて紹介していきます。

リシドのスキル『連動トラップ』

遊戯王デュエルリンクス デッキ リシド

出典:http://遊戯王デュエルリンクス攻略ぷらす.com/リシド解放条件用デッキレシピと使用方法

さて、原作で『罠デッキ』を使用したと書いた『リシド』ですが、このゲームにおいても彼の『罠戦術』は健在です。

そもそも原作における『罠デッキ』および『罠戦術』とは『デッキに大量投入した罠で相手の攻撃を受け止めつつ、罠モンスターや、極少数のモンスターで相手のライフを削りきる』ことを目的としたデッキで、このゲームで実装されているところでは『アヌビスの裁き』だとか、『アポビスの化神』を使用していましたが、『罠デッキ』と言いつつも、相手の攻撃を止める手段として『光の護封剣』なんかの魔法カードも使用していました。

 

まあ何せ原作では魔法・罠は1ターンに使用できる数が決まっていましたから、罠だけで相手の攻撃を止めるのは難しかったでしょうし、『罠デッキ』と銘打っていたって、なにせ、現実にだって『BF』と名がついたデッキなのに肝心の『BF』モンスターが1~2枚しか投入されていない、なんていうデッキも過去には沢山ありましたし、魔法だとかモンスターを『罠デッキ』で使ってはいけないなんて規定も無いでしょう。

 

とにかくそれと同様に、このゲームにおいても、『罠デッキ』と言ったところでその内容が罠カードだけで構成される、ということもなく、あくまでも罠を中心にしたデッキ、ということになりますが、さてはて、ところでどうしてそんなデッキを構築する必要があるのでしょうか?

まさか『リシド』のファンデッキとして構築しているわけでもなく、いや、そういう人も居るでしょうが、とはいえいちばんの理由はもちろん、冒頭で書いたように『ユニークで強い』からです。

 

しかし本当でしょうか?

デュエルリンクスの只今のカードプールで相手の攻撃を捌けるような罠カードは希有ですし、原作と違って1ターンにセット・発動できる罠の枚数に制限はありませんが、とはいえ使える罠は3枚まで、限界が見えているような気がします。

ところがどっこい、それがこのゲーム、遊戯王デュエルリンクスの恐ろしいところ、このゲームには『スキル』という概念があることを忘れてはいけません。

そう、『リシド』のスキル『連動トラップ』『自分が罠カードを発動するごとに相手ライフに200ポイントのダメージを与える』のです。

 

200と見るとなんだか少ない数値、20枚の罠を発動しなければ相手のライフを削りきれない印象ですが、そこはそれ、そもそも相手にダメージを与えるカードの威力を+200するという見方をすればそれなりに強く見えて来ます。

具体的には『白兵戦』このカードは1枚で相手に700ポイントのダメージを与えられる罠ですが、しかも墓地に白兵戦があれば、その枚数×300ポイント、与えるダメージが増える特徴があり、更にそこに200ずつダメージを増やしていくと、さあどうでしょう、700+200+1000+200+1300+200、その合計値は惜しくも4000に届きませんが、しかしダメージ3600、あと罠カード2枚を追加で発動すれば4000に達するのです。

 

『連動トラップ』を活かした罠バーンデッキ

出典:https://yugioh.gamerch.com/白兵戦

では具体的なデッキ内容を見ていきましょう。

尤も、これという正解やテンプレートがあるデッキではありませんが、デッキの核である『白兵戦』は必ず3枚積むことになりますから、この『白兵戦』を軸にすることを前提としたとき、デッキ内容は自ずと定まってくるでしょう。

まず大体『白兵戦』を相手に3枚打ち込むことが勝ち筋になるということは、つまり『白兵戦3枚を場・手札に迅速に揃えねばならない』ことを意味しますから、デッキを高速で回転させられるよう『強欲な瓶』のようなドローソースは絶対に必要になってきますし、またデッキ枚数は必ず20枚に抑えておきたいところでしょう。

 

スペースがあれば『強欲なカケラ』まで搭載して構わないでしょうが、とはいえあれは場を圧迫する永続魔法、3つしかない罠・魔法ゾーンが窮屈になるという判斷ならば省いてしまうとして、むしろ必要な永続魔法はロックパーツでしょう。

どれだけドローソースを積み込もうと、デッキを圧縮しようと、引かないときは引かない、ならば相手の攻撃の手を遅くすることが考えられるわけですが、とはいえこのゲームに『リシド』が使った『光の護封剣』はありません。

 

あれに比べれば格は落ちますし、ロックできる対象も単体になりますが、ここは無いものねだりをしても仕方ありませんし、また地味に相手に500ポイントのダメージを与えてくれて『白兵戦』のダメージを補助してくれるのが嬉しい『呪魂の仮面』は是非デッキに投入しておきたいカードです。

さて、しかしその『呪魂の仮面』だけで相手の攻撃を受け止められるはずもなく、また『白兵戦』がダメージを受けることを発動のトリガーとすることを考慮して『ホーリージャベリン』まで積み込むことが考えられますが、それとは別に当然、モンスターだって採用する必要があります。

 

壁として出しつつバーンでき、時によっては場を制圧することもできるであろう『アポビスの化神』は原作『リシド』気分を味わうためにも複数枚投入するとして、いや罠モンスターでなく、通常の壁モンスターとしては『ビッグ・シールド・ガードナー』のような守備力が高いモンスターか、『デス・ハムスター』のような壁になりつつデッキを圧縮できるモンスター、あるいは『黄泉へ渡る舟』のように必ず相手のモンスターを道連れにできるカードが向くところですが、そういえば『道連れ』といえば、『道連れ』の罠カードもここまで名前を出したモンスターが破壊されたときに相手のモンスターを破壊できる便利なカードで、モンスターと組み合わせて最大2体の攻撃を受け止めつつ200ダメージを叩き込めるわけですから、ぜひ複数枚採用したいカードです。

 

『道連れ』採用を考えると、どうでしょう、『黄泉へ渡る舟』や『デス・ハムスター』の方が相性は良いでしょうし、『ビッグ・シールド・ガードナー』は攻撃されたあと攻撃表示になってしまうことが採用にはネックでしょうか。

『道連れ』そのものとは相性が悪くないうえ、『ビッグ・シールド・ガードナー』へ攻撃してきた相手への反射ダメージには期待したいところなのですが、ダメージをあまり多く受けすぎると『白兵戦』の発動に障ります。

 

まあ、結局のところ最終的に採用カードは『構築するプレイヤーの好み』なのですが、それを踏まえてもういちど、このデッキを構築するときは以下の項目だけは忘れないように心がけ、また以下の項目すべてを満たせるようなデッキ構築を行いましょう。

  1. 白兵戦を勝ち筋とする
  2. 白兵戦を素早く手札に揃えられる
  3. 白兵戦を腐らせずに発動しきれるようにする

 

まとめ

標準的なビートダウンには滅法強いものの、一方でロックが決まらない、あるいは事故が起きてしまう、はたまた『ハーピィの狩場』を相手にしてしまったときなど、負けに繋がるようなどうしようもない事由、ないし苦手な相手が居るのもこの『連動トラップデッキ』なのですが、それでも流石は『リシド』、あの『マリク』の影武者を務めた男の実力は本物で、『連動トラップ』デッキは遊戯王デュエルリンクスにおいて比較的強力なデッキのひとつです。

バーンというくぎりで見ると、現環境最強と謳われる『フライング寄生』には流石にかないませんが、それでも充分に強力なことは疑いなく、バーンを使いたいけど『フライング寄生』は強すぎる、とか、虫野郎がヒョとか言ってるのが嫌だ、なんていうプレイヤーはこちら『連動トラップバーン』を使うと良いでしょう。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。