【遊戯王デュエルリンクス】リシドのスキル4つを徹底解説!

【遊戯王デュエルリンクス】リシドのスキル4つを徹底解説!
Pocket

遊戯王デュエルリンクスには無数のプレイアブルキャラが存在していますが、中でも『リシド』はそのスキルの能力・構成が非常にユニークで、流石は罠のスペシャリスト『リシド』、ほぼすべてが罠に纏わる効果を持っています。

 

当然、それらスキルの全てが有用であるとは限りませんが、うまく活用すれば原作で『リシド』が見せた『デッキ内のほとんどのカードを罠にしてしまう』所謂『罠戦術デッキ』が遊戯王デュエルリンクス上で構築でき、原作ファンとしてはこの上なく嬉しいことでしょうし、原作ファンでなくても『罠戦術デッキ』だなんて、なんだか他では聴かない言葉、否応無しに惹きつけられる力があるのではないでしょうか?

 

そういうわけで、今回は『リシド』が持つ各種『スキル』の活用法などを解説していきます。

リシドのスキル

遊戯王デュエルリンクス スキル リシド

出典:http://遊戯王デュエルリンクス攻略ぷらす.com/リシド解放条件用デッキレシピと使用方法

連動トラップ

 

『自分が罠カードを発動するごとに相手プレイヤーに200ポイントのダメージを与える』このスキルは、一見すると『何だ200程度か』と思うかもしれませんが、『白兵戦』の罠カードと組み合わせることでその真価を発揮します。

『白兵戦』は自身がダメージを受けることで発動でき、相手に700ポイントのダメージを与えられるバーンカード、しかも墓地に1枚『白兵戦』があればそのダメージは300ずつ増え、さあ、3枚の白兵戦を『連動トラップ』下で発動できれば総ダメージは3600にのぼります。

 

これに着眼して『白兵戦』の発動を罠で支えることで相手に4000ダメージを叩き込むことを目的とするのが『リシド』の専用デッキともいえる『連動トラップバーン』で、このデッキでは『強欲な瓶』を発動するだけで、鈍器だから用済みになったら瓶でもって相手を殴ってでもいるのでしょうか、何故かドローしながら相手にダメージを負わせることができるのですから、おもしろいデッキです。

 

『連動トラップバーン』ではそのデッキ内容を壁モンスターと、それと魔法カードでは『呪魂の仮面』を採用するかしないか、後はデッキの中身をことごとく罠カードにしてしまうのですから、それは事故るときは大変な事故を起こし、何も出来ないまま相手に負けるなんてこともありますが、とはいえ実は、それこそ先述の『強欲な瓶』であるとか、有用な罠のおかげかそれほど深刻な事故を起こすことは少なく、相手が『ビートダウン』であれば常にそれなり以上に渡り合うことが可能です。

 

ドローセンス:魔法・罠

 

『ライフを1800失うごとにデッキからランダムで魔法・罠カードを通常ドローの代わりにドローする』このスキルは、さて、『ランダムで』というところが問題で、せめてランダムで無ければ良かったのですが、どうもランダムであるというだけで評価が下がらざるを得ません。

 

例えば『あの魔法・罠が欲しい! あれば逆転できる!』としてもランダムでドローするのでは、だって、デッキの残り枚数、あるいは構築によっては通常にドローするのとほとんど確率が変わらないでしょうし、大体、そこまでして手札に加えない魔法・罠が現環境にあるでしょうか?

無理にでも活用するなら『銀幕の鏡壁』のような強力罠なんかを1種類だけデッキに採用することで『ビートダウン』を補助するなどでしょうが、だとすればもっと強力なスキルが幾らでもあるのが正直なところ、少なくとも今は持っていても使う意味がそれほど見いだせないでしょう。

 

終わらない罠地獄

 

さあ『自分が罠を3枚発動すると、墓地にある罠カードを1枚ランダムにデッキに加えてデッキにシャッフルする』このスキル、だからどうしてランダムなんだと言いたい気持ちをぐっとこらえ真面目に解説するならば、そもそも、こう、せめて加える先が手札だったら良かったのですが、デッキというのですからどう使えばいいやら。

大体、罠カードを3枚発動するというこの発動条件、まともなデッキで2回以上満たせるデッキがいくつあるでしょうか?

それでデッキに戻した罠が都合よくどれより強力な1枚で、しかも欲しいとき、使いたいときにドローし直す確率はどんなものでしょうか?

 

罠カードを3枚使う状態であれば、まあデュエルは中盤以降でしょうから、それはドローできる確率も少なくはないでしょうが、デュエル中盤から後半というのは意外にあっけなく、そしてスピーディに進行されるもの、『あの罠がデッキに戻ったから引くのをまとう!』なんて相手が許してくれるはずもありません。

大体、そこまでしてデッキに戻したい『罠』とは一体? 『道連れ』にしても『銀幕』だとしても、それなら最初から複数枚投入しておけば、わざわざ1枚戻したい! なんてことにはならないのではないでしょうか。

 

『リシド』は『墓守の一族』イシュタール家の使用人ですから『墓守』っぽさを重視して『不幸を告げる黒猫』辺りを併用すればまあ何かしらに使えるかもしれませんが、どうでしょう、『王家の神殿』が永続罠なら真面目に考察しても良いコンボだったかもしれません。

 

偽トラップ

 

『ライフが1200減るごとに自分の魔法・罠ゾーンに『黄金の邪神像』をセットする』このスキル、なるほど『黄金の邪神像』は破壊されると場にトークンを出す決して弱くはない罠カード、ただ問題は相手にバレバレな点、そんな『邪神像』を喜んで破壊してくれるかどうか。

 

『邪神像』が場に3回程度出るわけですから、『呪われた棺』のような破壊されると相手に不利益を被らせる罠カードをデッキに満載した上で『嵐』辺りの自分の魔法・罠を破壊できるカードをデッキに組み込み、『自分で自分の罠カードを叩き割っていくデッキ』を構築すれば活かせないこともないスキルですが、問題はまだまだデュエルリンクスに『邪神像』であるとかの『地雷罠』が構築し辛いことと、その『地雷罠』のギミックに『邪神像』を活かすための上級モンスターを組み合わせると途方も無く事故ることでしょうか。

 

大体からして『1200減るごとに』が受動的過ぎて、能動的に使おうとすればライフを削るカードをデッキに投入しなければならず、それはそれで事故が増え、さて、今のところは使いみちがそれほどありません。

ですが今後、『地雷罠』や有用な上級モンスターが増えていけばもしかすると大逆転があるかもしれない、そんなスキルです。

 

まとめ

さて、ここまで遊戯王デュエルリンクス屈指のトリッキーさを誇る『リシド』のスキルについて見てきましたが、やはり一番気になるところは『連動トラップ』で、項内でも紹介した『連動トラップ』デッキは確かに強力ですから、『リシド』ファンなら、あるいは『バーン好き』なら1度は組んで見ると良いでしょう。

それにしても『リシド』は原作ではたったの1度、対『城ノ内』戦しかデュエルをしなかったキャラですが、その実力・デュエリストとしての魂は本物で、連載当時から意外な人気のあったキャラ、それだけに『デュエル回数が少ない!』なんて惜しむ声も連載当時には聴かれたのですが、もう安心、遊戯王デュエルリンクスで思う存分『リシド』を暴れさせられるのですから、良い時代になったものです。

あともうひとつだけ贅沢を言うならば、もっと『連動トラップ』に組み込める強力な罠が登場することを祈るばかり。

今後の罠カード実装、ひいては『リシド』の強化に期待です。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。