遊戯王デュエルリンクス配付ジェムを有効に活用する方法

遊戯王デュエルリンクス配付ジェムを有効に活用する方法
Pocket

遊戯王デュエルリンクスはカードゲームですから、デッキを強化・更新しないことには強くなれません。

で、デッキを強化するためにはカードパックを引くことが有効ですが、それには『ジェム』ないし課金が必要です。

これは遊戯王デュエルリンクスに限ったことではなく、あらゆるゲームにおいて、課金しなければしないにこしたことはないでしょう。

 

そこで『ジェム』を利用したいところですが、この『ジェム』は纏まった数を手に入れるのが大変です。

やれステージレベルをあげたり、デュエルリストレベルをあげたり、時間と労力が掛かるのですが、それはあくまでも正攻法で『ジェム』を入手しようと思えばのことです。

 

時々、本当に時々で、しかもその頻度は今後下がっていくでしょうが、とにかく『ジェム』は公式から配付されることがあります。

いや、『配付ジェム』にだって限りがありますが、1度の配付で200以上の『ジェム』=4カードパックが引けるのですから軽視できるものではありません。

 

ここではその『配付ジェム』についてあれこれ見ていき、『有効に活用する手段』をご紹介しましょう。

配付ジェムについて

遊戯王デュエルリンクス ジェム配布

出典:http://yu-gi5000guard.blog.jp/archives/69027806.html

さて、『配付ジェム』と一口にいっても様々な種類・活用法があるものです。

以下のように分類して見ていくことにしましょう。

 

【今だけ】事前登録キャンペーン配付ジェム

遊戯王デュエルリンクス ジェム配布

出典:http://遊戯王デュエルリンクスアプリ.xyz/risemara/777

『事前登録者キャンペーン』とは言い条、その実このキャンペーンは『2017年2月28日までにゲームを開始したプレイヤーにジェム777個と特典アイテムを配布するキャンペーン』です。

実際に『事前登録』していたかどうかは関係なく、上記条件を満たしてさえいれば誰だって『配付ジェム』及び特典を受け取ることができます。

 

777個の『ジェム』といえばカードパック約15パック分となり、課金額でいえば大体2000円ちょっとが無料で引けることになります。

額面にしてしまうとなんとなくショボく感じないこともありませんが、とはいえこれだけの『ジェム』を配布してくれるのはなんだかんだいって大盤振舞侍でしょう。

 

この資本主義社会においてタダより安いものはありませんから、ありがたく使わせてもらいましょう。

 

事前登録者キャンペーンジャムは『リセマラ』に

ゲームをある程度進めたら貰えるわけではなく、始めるなり直ぐ貰えるその性質上、この『配付ジェム』の使いみちは『リセマラ』となるでしょう。

 

『リセマラ』の対象はその時の環境及び流行、あるいはプレイヤーが理想とするデッキが何かによって異なりますから、一概に『このカードをねらえ』とアドバイスすることはできません。

 

ただ、『アルティメット・ライジング』のパックが引ける間はあれを引いて『クリボール』を狙うと良いでしょう。

 

ダウンロード数が一定を超えたときに配布されるジェム

 

ダウンロード数が100万であるとか、あるいは1000万であるとか、そのうち1億とか1億とか、もしかすると全宇宙で流行して10澗とかまで行くかもしれませんが(※)、とにかくダウンロード数=プレイヤー数が区切りの良い数字に到達すると『感謝ジェム』が配付されます。

 

『感謝ジェム』は記念する数値が『100万』とか『500万』とか区切りの良い数字であるときは『500個』、そうでないとき、要するに『200万』であったりすると『200個』配付される傾向にあります。

 

また、最初のうちこそダウンロード数100万区切りで配付されていた『感謝ジェム』ですが、近日ではダウンロード数のインフレ(※2)が影響しているのか、500万とか、ともすると1000万区切りでしか配付されなくなりました。

 

まあダウンロード数が2000万を超え、そのうえなおもダウンロードされ続けている現状で100万区切配付を行えば、『ジェム』の価値、ひいてはパックの価値が暴落して、そのうち『暗い木曜日』が訪れるでしょうから仕方のないことです。

 

※ この宇宙は全て1枚のカードから産まれたそうですから、決闘が全宇宙規模で流行しても何らおかしくはありません。

 

※2 日本国内だけでも800万ダウンロードが記録された(しかもあっという間に)本作であるが、国外でもリリースされたことでダウンロード数に歯止めが効かなくなった。プレイヤーからすれば『ジェム』がもらえて嬉しい、のであるが、同時にサーバーダウンが相次ぐようになったので何とも言えない。

 

『感謝ジェム』は思い切って使うか、あるいは貯めておく

『感謝ジェム』は殆どの場合不意打ちでやってきます。

 

いや、『ダウンロード数』の伸びを常に監視していれば『明日ぐらいには配付が来るか』と待機することもできるでしょうが、そんなことをするのは何らかの業者であるか、さもなければよほど特殊な趣味の人だけでしょう(※)。

 

不意打ちでやってくるからには、その使い方を事前に定めておくことができません。

大抵の人は『宵越しのジェムは持たない』と欲しいパックに、あるいは欲しいパックが無くともなんとなく使ってしまうようですが、そこをぐっと思いとどまって貯めておけば、今後有力なパック・カードが登場したときに役立つでしょう。

 

※ たとえば監視しているときに3200万ダウンロードなんかが記録されたとする。

『ジェム』が来る! と思うかもしれないが、いまの配付状況からするとまずこない。

やるだけ無駄だろう。

 

ただし:感謝ジェムは今後減る見通し

 

なにせ『ダウンロード数が一定を超えたときのお礼』が『感謝ジェム』ですから、ダウンロード数が伸びなくなれば『感謝ジェム』は減ります。

 

そうして、日本、北米、欧州、オセアニア、と主要な決闘都市・地域・国でリリースされてしまったデュエルリンクスのセールスがこれ以上拡大するとは思えません。

 

いや、微増を繰り返していくことは間違いありませんが、それこそ火星とか木星で決闘が流行しない限り、これまでのような爆発的な伸びは望めないでしょう。

 

ただでさえ少なくなってきた『感謝ジェム』ですが、今後、その配付頻度はより一層少なくなるでしょう。

 

何らかのエラーの補填として配布されるジェム

 

他ゲームでいうところの『侘び石』、ここでいうところの『お詫びジェム』は、何らかのエラーに対する補填・謝罪のため配付されます。

たとえばサーバーエラー、あるいは緊急メンテナンスのお詫びですが、その数は中途半端で、100とか200程度が精々です。

 

人によっては『もっと誠意を見せろ』と憤慨するわけですが、まあ何もくれないよりかはマシだと思って、もらえるものはもらっておきましょう(※)。

 

※ただしお詫びの言葉が送られてくるだけで、そもそも配付されない場合もある。

されたかと思ったら『感謝ジェム』とあわせて配付する=あわせて2つ配付されたときより少ない、なんてこともある。

 

『お詫びジェム』も『感謝ジェム』同様に使うか、貯めるか

『お詫びジェム』は『感謝ジェム』に比べ、その配付がある程度予想できます。

 

やってきたその数の少なさであるとか、あるいは先のエラー・メンテナンスなどに対する行き場のない怒りからつい『宵越しのジェムは持たない』しがちですが、これもこれで、特にほしいパックがないなら貯めておくのが吉でしょう。

 

まとめ

さて、ここまで遊戯王デュエルリンクスにおける『配付ジェム』と、その使いみちについて見てきました。

 

貰える配付ジェムは3種類、『事前登録者キャンペーン』のもの、『ダウンロード数を記念する』もの、そして『エラーやメンテナンスなどのお詫びとして配られるもの』でしたが、それぞれ異なる使いみちがあることを覚えておきましょう。

 

また、『事前登録者キャンペーン』はこの2月末までで終了します。

プレイヤーなら誰もが貰えるキャンペーンですから、ぜひ今のうちに受け取って『リセマラ』に活かしましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。