【遊戯王デュエルリンクス】 ケルベロスで竜崎周回で知っておくべき4つの基本!

【遊戯王デュエルリンクス】 ケルベロスで竜崎周回で知っておくべき4つの基本!
Pocket

遊戯王デュエルリンクスにおいて厄介で面倒な『周回』作業は、しかも『周回』する相手に応じて使用すべきデッキや対策が異なるので、効率的な『周回』を行なうためにはある程度の予備知識が要求されます。

そこで、ここでは『ケルベロスビート』によって『ダイナソー竜崎』を『周回』する際に必要な、あるいはあると役立つ知識を紹介していきます。

といっても、『ケルベロスビート』を用いるうえで『ダイナソー竜崎』はそれほど警戒する相手ではなく、ほとんど対策らしい対策をせずとも安定して勝利できる相手ですから、ここでは役立つ知識よりもダイナソー竜崎を周回する際の基本』を重点的に紹介していきます。

ただし、ここで紹介していく情報はあくまでも2017年1月時点における遊戯王デュエルリンクスの環境に基づくものですので、今後環境の変化などに伴って効率的な戦法が変化していく可能性があります。

ダイナソー竜崎を攻略する

遊戯王デュエルリンクス ケルベロス 竜崎

出典:http://遊戯王デュエルリンクス攻略ぷらす.com/【デュエルリンクス】ダイナソー竜崎のデッキス

先述の通り、『ケルベロスビート』を用いて『ダイナソー竜崎』を攻略するために、これといって特別な知識や対策は要求されません。

というのも、『ケルベロスビート』が苦手とする『魔導獣ケルベロスを除去してくるモンスター・魔法・罠』が竜崎のデッキ内に無いためです。

ただ漠然と『ケルベロス』を場に立たせ2~3枚の魔法カードを発動しておくだけで竜崎は手も足も出なくなり、ただひたすらにモンスターを守備表示で展開するか、はたまた場に伏せカードを展開してくるのみとなります。

 

伏せカード、というとつい身構えるかもしれませんが、彼のデッキに投入されている罠カードは『化石発掘』のみで、これは『手札を1枚墓地へ落として墓地の恐竜族を蘇生する』カードですから、戦闘を行なう回数が基本1回きりとなる『ケルベロスビート』では何ら怖くありません。

魔法カードを場にブラフとしてセットしてくることもありますが、それらのうちに相手ターン中に発動できる速攻魔法は1枚もありませんし、大体それらは『融合』『大進化薬』ですから、放って置いても何が起こるというわけでもありません。

 

その他、竜崎のデッキにはフィールド魔法『荒野』が複数枚投入されていますが、『荒野』に『発動すると恐竜の攻撃力を200上げる』効果があるにせよ、『発動するとこちらのケルベロスは攻撃力が500上がる』のですから、発動されたところで何の被害も受けません。

 

【ただし】ドローセンス:光以外のスキルだと事故死がある

 

『ドローセンス:光以外』以外のスキル、たとえば『魔導将来』をスキルとして採用していると、『魔導将来』の発動条件は『1800ダメージを受けること』ですから、『荒野』の補正を受けていないときの『二頭を持つキングレックス』『屍を貪る竜』の攻撃ではその発動条件が満たされず、返しのターンに『ケルベロス』を通常ドローできないとき、そのまま押し切られてデュエルに負けてしまう可能性があります。

 

これは別に対ダイナソー竜崎に限った話ではなく、『ケルベロスビート』を用いたあらゆる『周回』においてつきものの事故死で、これを防止するため、『1500ダメージを受けること』で発動する『ドローセンス:光』の採用が『ケルベロスビート』では推奨されているわけですが、如何せん『ドローセンス:光』はその入手難易度が高いのが困りどころ。

『魔導将来』や『ドローセンス:ローレベル』しか所有していないのであれば、デッキにライフポイントを調整できる魔法・罠を多めに搭載しておきましょう。

 

ダイナソー竜崎を周回して手に入るカードたち

遊戯王デュエルリンクス ケルベロス 竜崎

出典:http://appmedia.jp/duel_links/515504

代表的なものは先程名前を出した『二頭を持つキングレックス』か『屍を貪る竜』でしょう。

素の打点1600であるため、ダイナソー竜崎をプレイヤーキャラクターとしてスキル『恐竜王国』を使ったとき、その攻撃力は1900となります。

この数値は現環境における下級モンスターとしての最高数値ですから、その状態の『キングレックス』らを単体で打ち破れる下級モンスターは存在しないことになります。

これらのカードは環境に食い込むデッキ『恐竜族』の主力であるにも係わらず、レア度の設定が『R』ドロップしやすいカードですから、従って竜崎の『周回』回数はそれほど多くならないでしょう。

SRカードには『力の集約』や『化石発掘』がありますが、それらは現状それほど重宝されるカードでもなく、手に入ったら即『カード・トレーダー』で変換でも構いません。

 

効率よくダイナソー竜崎を周回できるようになるカード

基本的には『ダイナソー竜崎固有の対策となる』カードはありませんから、『事故死を防げるカード』として『ライフを意図的に増減できるカード』が採用されます。

 

至高の木の実

 

遊戯王デュエルリンクス ケルベロス 竜崎

出典:https://yugioh.gamerch.com/至高の木の実

『事故死を防げるカード』として『至高の木の実』辺りが良い選択でしょう。

『ライフが相手より少なければ2000回復し、多ければ1000ダメージ受ける』ことでライフが足りないときは回復に、足りているときはわざとダメージを受けることで『ライフポイントギリギリ』系のボーナスを狙うことが出来ます。

『ホーリー・ジャベリン』で代用できないこともありませんが、こちらは『ケルベロス』とより相性の良い魔法カードであるということ、加えて『ダメージを受けることもできる』のはあちらにはない利点です。

 

ツイスター

遊戯王デュエルリンクス ケルベロス 竜崎

出典:http://appmedia.jp/duel_links/421496

場に出された『荒野』を叩き割ることで後続の『荒野』を引き出し、『ケルベロス』の攻撃力上昇を竜崎に手伝ってもらうことが可能になります。

『荒野』のみならず発動の対象は『進化薬』や『化石発掘』など多岐に渡るため腐り辛く、またこれも『意図的にライフを減らせる』カードなのが魅力です。

 

まとめ

ここまで『ダイナソー竜崎』の基本を紹介してきましたが、彼は遊戯王デュエルリンクスに数多く存在するレジェンドのうちで最も周回しやすい1人=専用デッキを組みやすいキャラであるにも係わらず、そのキャラクター性能そのものは非常に優秀なキャラクターです。

前述の通り、彼のスキル『恐竜王国』を活用した『恐竜族』は非常に強力なデッキで、是非組んでおきたいデッキですから、ここで紹介したようにライフ増減カードを採用した『ケルベロスビート』によって効率的に彼の周回を済ませ、『恐竜族』構築に必要なカードを集めていきましょう。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。