【遊戯王デュエルリンクス】 ケルベロスビートを安定させるバランス型構築のメリット・デメリットを徹底解説!

【遊戯王デュエルリンクス】 ケルベロスビートを安定させるバランス型構築のメリット・デメリットを徹底解説!
Pocket

遊戯王デュエルリンクスをプレイする上で最も効率化したいことと言えば『周回』作業で、事実これまで数多くのプレイヤーが様々な効率化方法を考案しましたが、その多くは失敗し、現状、『ケルベロスデッキ』を用いる方法だけがある程度以上の成果を挙げています。

しかし、ある程度、と書いたように、『ケルベロスデッキ』ですらその精度は決して万全ではなく、『ケルベロスデッキ』は『周回』対象であるレジェンドデュエリストにしばしば敗北してしまいます。

また、特定のレジェンドに対してとことん相性が悪く、手も足も出ず負けてしまうこともあります。

 

それでもプレイヤーたちはほぼ唯一の周回効率化手段であるため、『もっと安定してくれればなあ』そう思いながらも『ケルベロスデッキ』を使い続けています。

或いは、『いたのです』と過去形で言うべきかもしれません。

近日、ある画期的な『ケルベロスデッキ』の派生型が開発され、そのデッキは相手を選ばず高い周回成功率を誇るためです。

行き詰まりを感じていた遊戯王デュエルリンクス周回対策業界に彗星の如く現れたデッキ、その名も『バランス型ケルベロスデッキ』は、しかしその優れた周回性能・安定性の割に未だ知名度がイマイチです。

 

何故でしょう? 当然、『バランス型ケルベロス』がメリットだけではなく、デメリットも併せ持つからです。

ここではその『バランス型ケルベロス』が持つメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

そもそもバランス型ケルベロスって?

出典:http://yugioh-duellinks-news.com/archives/5973.html

その名前からスキル『バランス』を連想された方もいらっしゃるかと思いますが、ずばりその連想は正解で、『バランス』を採用することによって安定度を増した『ケルベロスデッキ』のことを『バランス型』と呼びます。

『バランス』は『デッキ内のモンスター・魔法・罠の枚数に応じ、それらがバランス良く手札に入るようになる』スキルで、このスキルを活用して『手札に最初からケルベロスを握っておく』ことが『バランス型』の目的です。

 

ただし、『バランス』はデッキ内にモンスターが最低4枚投入されていなければ発動しないことに注意しましょう。

『ケルベロスをデッキに1体だけ積んでおけば確実に引ける!』わけではありません。

また、ケルベロス以外のモンスターが1枚必要なわけですから、『ケルベロス以外の1枚をドローしてしまう可能性』もあります。

『それじゃだめじゃん!』と思うかもしれませんが、その欠点を加味しても『バランス型』は従来型よりも優れているのです。

詳しく解説していきましょう。

 

バランス型は何が優れている?

出典:https://gamy.jp/duel_links/yu-gi-oh-balance-thunderdragon

『ケルベロスをサーチする必要がないこと』に起因するより高い安定性、それと『デッキ構築故に従来型が苦手だった相手を攻略していること』です。

従来の『ケルベロスデッキ』で採用されていたスキル『ドローセンス:光』『魔導招来』『一定以上のダメージを受けることで発動するスキル』であり、必要なダメージを受ければ確実に『ケルベロス』を手札に加えられた半面、何らかの要因によってダメージを受けすぎて『ケルベロス』をサーチする前にライフを0にされてしまうことがありました。

これは、相手のモンスターの攻撃力が低かったときに発生しがちな事案で、特に『魔導招来』を採用した従来型ケルベロスで頻発していました。

より具体的に解説していきましょう。

 

たとえば『魔導招来』の発動条件である1800ダメージを下回る攻撃力のモンスターを相手が召喚したとき、攻撃を受けても『魔導招来』は発動できずません。

もし返しのターンのドローで『ケルベロス』がドローできないまま次の相手ターンがやってくると、相手が追加で召喚したモンスターの攻撃力と先に場に居たときのモンスターの攻撃力の和が大抵の場合プレイヤーの残りライフを上回るのです。

 

これを防ぐため、従来型の『ケルベロスデッキ』には『ホーリージャベリン』を採用したり、『至高の木の実』を採用するものがありましたが、しかしそれらが初期手札に無い(ちなみに20枚デッキに3枚投入すると、初手で1枚引く確率は50.8%程度で、悪くはありません)、或いは返しのターンに引けない場合は結局どうしようもなく、詰まるところ従来型の『ケルベロスデッキ』は、その機能が果たされるかどうかが余りに運頼みなのでした。

対する『バランス型』は、上記の通り『最初からケルベロスを手札に持った状態からスタート出来る』のです。

 

いや、尤も『バランス型』とて運頼みなところはあります。

そう、冒頭で書いたようにケルベロス以外のカードをドローする懸念があるのです。

しかしデッキ内に投入されているモンスターは4枚、つまり『ケルベロス』以外をドローする確率は25%、意外と高く見えるかもしれませんが、裏を返せば75%の確率で初手に『ケルベロス』を持て、持てさえすれば大抵、周回は成功します。

従来の『ケルベロス』の成功率は先程の6割後半~7割程度と言われており、成功率が最大1割向上することはこの場合、大きな意味を持ちます。

また、従来型の『ケルベロス』は先述の通り『相性の悪い相手』が居ました。

 

それらは『ケルベロス』を除去するカードを使ってくる相手で、たとえば『城ノ内』『時の魔術師』を、『バンデット・キース』『リボルバー・ドラゴン』を用いて来ますが、それらのカードの効果が成功して『ケルベロス』が除去されてしまうと『ケルベロス』を1枚しか積んでいない従来型は勝ち筋を失ってしまうのです。

対してこの『バランス型』ならば『ケルベロス』を1枚除去されたところで、2枚目3枚目の『ケルベロス』がありますし、同時に2体以上の『ケルベロス』を育てられれば相手の除去効果を持つモンスターを逐一潰しながら本命を育てる、なんてそんな芸当も可能であり、従来型の相性問題をそれなりに解決しています。

ただこの際、それなりに解決した、というように、あくまでも完璧な解決がなされているわけではないことに注意しましょう。

『1枚目に魔法カードを費やし過ぎて2枚目を育てる余力がない!』なんてことになると大変ですから、魔法カードの残数には常に注意してプレイングし、また構築の際、『ケルベロス』の攻撃力をより高められる装備魔法の採用数を増やすなど、工夫をしましょう。

 

ただし海馬は無理!

『相性問題がそれなりに解消されている』と書いた次の瞬間に掌を返すようですが、『海馬瀬人』だけは、何せ『どのデッキでも安定して周回できない相手』ですから、いかな『バランス型』でも安定した周回をこなすことができません。

 

バランス型の持つデメリット

『とにかくべらぼうに構築し辛い』ことです。

『ケルベロス』の入手方法、その困難さについて今更語る必要があるでしょうか?

膨大なゴールド、アイテムを費やしてのみ手に入れられる『ケルベロス』を3枚投入せねばならないのですから、『バランス型』の構築は『ケルベロス』を1枚のみ使用する従来型に比べ、当然、3倍高いことになります。

しかも、より効率的な『バランス型』を組もうと思えば、そのデッキ内に『ワンダー・ワンド』を2~3枚投入せねばなりませんが、その入手方法・難易度はケルベロスと異なりません。

 

最初期からのプレイヤーでも『ケルベロス』を3枚揃える余裕がある者は、少なくとも非課金であればほとんど居ないでしょうし、そこに『ワンダー・ワンド』まで加われば上位プレイヤーでも『バランス型』構築を躊躇するでしょう。

この構築難易度が『バランス型』の知名度向上を妨げているのです。

 

まとめ

『組めれば強い!』そう言われているデッキは遊戯王デュエルリンクスには複数ありますが、その中でも『バランス型ケルベロス』はかなりの構築難易度を誇るデッキであること相違ありません。

しかしその安定性・周回効率化能力は本物ですから、もし今後、従来型では対処できないレジェンドの周回作業を必要とするイベントなどが実施されたとき、『バランス型』があれば他のプレイヤーに先んじてイベントを攻略できることでしょうし、また今後実装されるであろう『闇マリク』など新キャラの周回に備えることも出来るでしょう。

組めるのであれば出来るだけ組んでおくべきでしょうし、今すぐ組めずとも、もし組みたいのであれば、ゴールドやアイテムの消費量をやりくりしたり節約して、長期的な構築計画を企画しましょう。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。