【遊戯王デュエルリンクス】ペガサスを想定した『ケルベロスビート』の構築法

【遊戯王デュエルリンクス】ペガサスを想定した『ケルベロスビート』の構築法
Pocket

先日開催された遊戯王デュエルリンクス初となるイベント『トゥーン・ワールドへの招待』は既に終了しましたが、運営は『以後同じタイプのイベントが開催されることがある』と発表しており、そうなるとまたあの『ペガサス』を周回せねばならなくなります。

遊戯王デュエルリンクスにおいて周回する必要のあるキャラは数多くいれど、『ペガサス』を超える周回難易度を誇るキャラは他にいません。

周回用の代表的なデッキである『ケルベロスビート』も従来の構築では『ペガサス』の前に通用せず、イベント中、『ペガサス』に辛酸を嘗めさせられたプレイヤーはどれほど居るのか、考えたくもないほどです。

そこでここでは、次回以降の『トゥーン・ワールドへの招待に備え、対『ペガサス』を想定した『ケルベロスビート』の構築法について紹介していきます。

【まずは確認】ペガサスの強さ『レジェンド最強候補』

遊戯王デュエルリンクス ケルベロス ペガサス

https://yugioh.gamerch.com/ペガサス・J・クロフォード

原作・アニメ遊戯王ファンの間で『ペガサス』の代名詞と言えば『トゥーン・ワールド』ですが、原作やアニメにおいて『トゥーン・ワールド』は彼専用のカードでした

デュエルモンスターズの生みの親であるという設定のペガサスが、『自身のためだけに開発したカード群』が『トゥーン・ワールド』に関連する一連のカードたちで、存在理由が自己満足を満たすためですから、その効果は出鱈目なほどに強かったものです。

そうして、その現象がそのまま遊戯王デュエルリンクス内でも繰り広げられました。

 

『トゥーン・ワールド』程度はかろうじてプレイヤーも手に入れることができましたが、『トゥーン・デーモン』『トゥーン・ゴブリン突撃部隊』のような強力なトゥーンカードは一切手に入らず、それでいてペガサスはそれらを平然と駆使して来るのです。

攻撃力2500の『トゥーン・デーモン』はリリース1体を必要とするものの直接攻撃が可能ですし、『トゥーン・ゴブリン突撃部隊』は攻撃すると守備表示になり、守備力が0になるとはいうものの、攻撃力2300を誇る下級モンスターで、しかもやはりというべきか直接攻撃可能です。

 

この他にも攻撃力1900の下級モンスターで、それだけでも充分に凶悪だというのに、あろうことか相手に戦闘ダメージを与えると相手に手札1枚を捨てさせる効果を持つ『トゥーン・ヂェミナイエルフに、攻撃力1400で、『ようやくまともなモンスターか』と思いきや、『トゥーン・ワールド』さえ場にあれば手札から特殊召喚可能なため場にいきなり現れては『トゥーン・デーモン』のリリースにされる『トゥーン・マーメイド』など、トゥーン・モンスターの凶悪さは枚挙に暇がなく、『インチキ効果もいい加減にしろ!』そう叫びたくなる程です。

 

幸いにもトゥーン・モンスターは場に『トゥーン・ワールド』がなければ自壊するため、『トゥーン・ワールド』を破壊できれば劣勢でも逆転が狙えたものの、問題は破壊できる現実的なカードが『ツイスター』ぐらいしかなく、しかもそのツイスターは『アヌビスの裁き』によって対策されていました。

 

流石はデュエルモンスターズの生みの親、自分で作ったゲームならどうすれば勝てて、どうやれば負けないか、どう対策をすればいいのか、全て把握しているのは当然でしょうが、それにしたって『オーノー!』だの『~デース!』だのと宣いながら超有利なデュエルを進行されると納得がいかず、なかには『ペガサス』相手に憤りを隠せず、ひたすら彼に一泡吹かせるために彼に挑戦しては敗れるのを繰り返すプレイヤーも居ました。

通常のデッキを使ってすらその程度に苦戦する相手ですから、『周回を前提に構築』されている『ケルベロスビート』では歯が立たないのも仕方ないでしょう。

 

【対策】とにかくトゥーン・ワールドを叩き割る!

遊戯王デュエルリンクス ケルベロス ペガサス

では『ケルベロスビート』は『ペガサス』には有効では無いのでしょうか? とすれば、『ペガサス』の周回には相当苦労することになります。

代替の高スコアデッキを利用する、たとえば『ガーディアン・バオウ』を活用したデッキを用いるであるとか、『ケルベロスビート』を使わずになんとか高スコアで『ペガサス』を周回する方法が色々と考えられたものですが、『ケルベロスビート』においても彼を対策出来ないわけではありません。

 

『とにかくトゥーン・ワールドを叩き割れ!』

見出しの通り、それが恐らく唯一の対策法で、これは『ケルベロスビート』以外のデッキでも有効な対策法ですが、しかし特に『ケルベロスビート』において有効な方法なのです。

ケルベロスは周知の通り『魔法カードを発動すればするほど攻撃力が高くなる』モンスターですから、『トゥーン・ワールド』を叩き割るために『ツイスター』を積み込めば積み込むほどに戦闘力が増すことになります。

『ツイスター』を積み込めば、と書いたものの、実際には『ツイスター』を積み込むだけで『トゥーン・ワールド』を確実に叩き割ることは困難です。

 

何にしてもペガサスはスキル『イッツ・ア・トゥーンワールド』の効果で1ターン目から『トゥーン・ワールド』を発動してきますから、もし自分の初期手札に『ツイスター』がなければ『トゥーン・デーモン』だの何だのがあっという間に展開され、こちらのライフを速攻で削りきってしまうことでしょう。

『魔法除去』は性能的に『ツイスター』の完全なる下位互換であるため通常はデッキに投入されることがほとんどありませんが、対『ペガサス』を強く意識するのであれば、またケルベロスの効果を活用するためにも、この場合に限って複数枚投入も考えられます。

 

手札でダブつく可能性は非常に高いですが、いざとなれば自分の永続魔法を破壊することも出来ますし、とにかく『トゥーン・ワールド』を破壊できればなんとか場が持ちますから、枚数をうまく調整してデッキに投入しましょう。

 

【ただし】罠も対策しなければケルベロスが維持できない可能性がある

 

先にも名前を出した『アヌビスの裁き』は『ツイスター』などの『破壊効果を持つ魔法を無効にする』効果を持ち、なおかつ『無効にした後相手フィールド上のモンスターを破壊して、その攻撃力分のダメージを相手に与える』効果を併せ持ちます。

ですから、このカードを対策せずにむやみやたらと『ツイスター』だの『魔法除去』だのを乱発すると『自分の場にいるケルベロスを吹き飛ばされて取り返しのつかないことになる』ことも考えられます。

特に『サーチ型』のケルベロスを使っているのであれば基本的にケルベロスの投入枚数は1でしょうから、ダメージ数値に関係なく、ケルベロスを除去された時点で勝ち筋を失います。

 

加えて『ペガサス』はデッキに『道連れ』を採用しており、『トゥーン・ワールド』を破壊して一息ついたかと思いきや、『トゥーン・ワールド』破壊に連動して破壊されたモンスターを起点に発動された『道連れ』で文字通りケルベロスが道連れにされる可能性もあります。

これらを総合して鑑みるに、デッキに『トラップ・ジャマー』辺りの対罠を意識したカウンター罠を用意することは必須でしょう。

ただし、対策を行うためにデッキ全体に入る魔法カードの数が相対的に少なくなることも予想されますから、デッキ構築を行う際は慎重に、良く魔法の投入枚数を吟味しましょう。

 

まとめ

『対ペガサス専用のケルベロスビート』を構築せねばならないほど『ペガサス』が強いキャラであるのは、恐らく原作・アニメファンには嬉しいことなのでしょうが、それにしてもその強さはやや過剰気味で、今のところここで紹介したような『メタ戦術』以外『ケルベロスビート』が『ペガサス』に敵う可能性はないでしょう。

遊戯王デュエルリンクスの環境は日進月歩ですから、次の『ペガサス』イベントが来る時にはより効率の良い対策が練られているかもしれませんが、もしそうでなかったときのことを考え、いまのうちに必要なカードの確保を行っておくことをオススメします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。